種類別クリーニング

制服のクリーニング代はいくら?相場や最安値について徹底解説!

学生服

制服を綺麗にしたいのですが、家で洗濯するのは怖いしクリーニングに出そうと思います。制服のクリーニング代っていくらかかるのですか?
制服って意外にクリーニング代がかかるので、出すならできるだけ安く、お得に利用したいですよね♪
Kei

というわけで本記事は「制服のクリーニング代はいくら?相場や最安値について徹底解説!」について書いていきます。

制服のクリーニング代の相場について

制服や学生服のクリーニング代の相場や値段を調べるために大手クリーニング店と宅配クリーニングのそれぞれの平均金額を比較しました。

やっぱり宅配クリーニングだと高いのではないですか?お店の方が安いと思います!

制服上下のクリーニング代の相場

大手クリーニング店 1,131円
宅配クリーニング 1,273円
  • 大手クリーニング店の料金は地域や店舗ごとに違います。(上記金額は都内クリーニング店の平均金額)
  • 平均価格は、制服上(学ラン・セーラー服)料金+制服下(ズボン・スカート)料金の平均金額を参考にしています。
  • 宅配クリーニングの料金は初回割引、メンバー価格を適応しています。
  • 宅配クリーニングは単品ごとの定価制の金額を参考にしています。
  • 金額はできる限り最新のもので計算していますが、時期や状況によって異なる場合もあります。ご了承ください。

 

平均の金額を見てわかる通り、金額はほとんど変わりません。
Kei

宅配クリーニングは初回割引や割引クーポンが充実しているので、使い方次第でお店より安くなるのも魅力の一つです。

 

制服や学生服のクリーニング平均相場:900~1,400円程度

 

制服のクリーニング代の最安値はココ!

制服のクリーニング料金の最安値を『大手クリーニング店(チェーン店)』『宅配クリーニング』のそれぞれで解説していきます。

制服には学ランやセーラー服、ブレザーなど種類が沢山あり、金額もバラバラなので今回は学生服の上下の組み合わせでクリーニング代を比較しています。

お店の名前をクリックすれば料金表が表示されます。

大手クリーニング店(チェーン店)
白洋舎 1,250円
ホワイト急便 850円
ポニークリーニング 1,050円
うさちゃんクリーニング 1,216円
スワローチェーン 1,290円
Kei
大手クリーニング店の最安値は今回『ホワイト急便』でしたが、店舗や地域によって金額設定はかなり異なるので、事前に電話で確認したほうが良いです。特に追加料金には注意です!

一見料金表は安いように思いますが、追加料金が発生する可能性は高いので、必ず確認しておきましょう。

 

宅配クリーニング(単品制)
リネット   1,176円
ネクシー 1,370円
リネットとネクシーはシミ取り、毛玉取り込みの金額です。そう考えるとかなりお得です。

 

宅配クリーニング(パックプラン制)※10点パックの1点あたりの金額
リナビス 1,070円×2 
せんたく便 798円×2
美服パック 543円×2
フランス屋 600円×2
東京クリーニング 880円×2
パックプランではどんな衣服を出せばお得に利用できますか?

 

衣替えのときや、兄弟が多くてクリーニングに出す制服が多いという場合にはパックプランがぴったりです。

衣類の点数で金額が決まっているので、お店だと2,000円前後するコートやジャケットを一緒に出すとお得に利用できます。

 

とはいえ、いきなり宅配クリーニングでパックプランを使うのはハードルが高いと思います。

もし今あなたが、少量でお得に安くお願いしたいと考えているなら『リネット』が良いでしょう。

>>最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

最安値情報

大手クリーニング店(チェーン店)であればホワイト急便

宅配クリーニングで1点1点単品で出したいならリネット

宅配クリーニングでパックプランを使いたいなら美服パック

 

制服以外のクリーニング代の相場や注意点については、こちらで紹介しています!

【クリーニング代の相場】料金や頻度が一目でわかる!衣類別に徹底解説

クリーニング代ってわかりづらいし、なにを参考にしたらいいか分かりません。ざっくりとどれだけかかるか確認したいのだけれど…。 クリーニングのサービスを調べていて一番困ったのが料金のバラバラ感でした。HP ...

続きを見る

 

制服のクリーニングで知っておきたい3つのポイント

 

制服や学生服を安くお得に利用するために知っておきたい3つのポイントを解説していきます。

①制服や学生服をクリーニングに出す頻度

一部、保育園や幼稚園、小学校では私服の学校もありますが、中学校・高校ではほとんどの学校で制服の着用が毎日指定されています。(中には、社会にでてからも制服の着用が義務付けられている会社も沢山あります。)

学生は1日に最低でも9時間ほど制服を着用しているので、ホコリや汗をはじめとした汚れがたくさん付着しています。

頻繁に洗濯をかけれるとよいのですが、制服や学生服の洗濯は難しいうえ、型崩れを起こしやすくアイロンもかけないといけないため、中々洗濯ができないのがつらいところです。

クリーニングのお店的には、1ヶ月に1回はクリーニングに出すのが好ましいとされています。

そうはいっても1ヶ月に1回は現実的に難しいと思います…。目安としては3~4ヶ月に1回クリーニングするとよいでしょう。

 

②学生服のボタンを外す

学生服をクリーニングに出す際は、ボタンについて確認をするようにしましょう。

学生服のボタンは、大きく分けて『縫い付け式』と『フック式』の2つの種類があり、『縫い付け式』であれば問題ないですが、『フック式』の場合にボタンがクリーニング中に外れたりすることがあります。

ボタンや首のカラーは外してからクリーニングに出すようにしましょう。

学ランなどはボタンを外しても料金は変わらないとろが多いですが、ブレザータイプでは「校章が付いていない」ということで、普通のジャケット扱いになり料金が変わってる場合があります。

クリーニング店によって対応が異なりますので、事前に確認をしましょう。

 

③毛玉はクリーニング店でとってもらえる

制服はほぼ毎日着るものなので、どうしても毛玉ができやすくなってしまいます。

そんな毛玉はクリーニングで取ってもらうことができます。しかし、お店によって対応や料金形態が異なります。

店舗型であれば、受付時にお願いしておかないと対応してくれない場合や、何も言わなくても無料で行ってくれる場合があります。クリーニング店で毛玉取りをお願いすると数百円かかるところが多いようです。

自分で毛玉を取ると制服の生地を傷めてしまうリスクがありますが、プロなら綺麗にダメージを少なくとってくれます。毛玉の量、素材によってお店の対応は変わるので、受付時に確認を取ってみましょう。

豆知識

『毛玉取りコース』としてプラス料金がかかる場合

『補修』としてオプション料金がかかる場合

『無料サービス』として行ってくれる場合

それに比べて、ほとんどの宅配クリーニングでは毛玉取りを無料でしてくれるので別途料金がかからないです。同じ金額なら絶対宅配クリーニングの方がお得ですよ♬

 

制服をクリーニングに出すときの確認事項

制服

制服をクリーニングに出すときは必ず下記の5つを確認するようにしましょう。トラブルを防ぐためにも重要なことです。

  1. 上下セットで必ずクリーニングに出す
  2. ポケットの中身を全部出す
  3. 外せるボタンや校章・名札は外しておく
  4. シミ、ほつれ、破れ、汚れや取れているボタンはないか確認しておく
  5. 外せないボタンや装飾品は事前に数や状態を確認しておく

 

①上下セットで必ずクリーニングに出す

クリーニングを行うと、溶剤などの影響で多少色褪せてしまうことがあります。

上下別で何度も出すと上下で色がうっすらと変わり、着用したときに見た目のバランスが悪くなる可能性があるので、できる限りセットで出すようにしましょう。

 

②ポケットの中身を全部出す

クリーニングに出す前にポケットの中身は一度チェックしておきましょう。ボールペンなどが入っているとインクが付いて、汚れてしまうこともあるため、事前に取り除いておく必要があります。

万が一紛失してしまう場合もありますので、必ずチェックしておくことをおすすめします。

Kei
ついつい生徒手帳が胸ポケットに入ってたりするので、絶対チェックしてくださいね!

 

③外せるボタンや校章・名札は外しておく

制服(学生服)には校章が入っているボタンがついているものが多いです。割れたり、傷ついたりしてしまうと簡単に取り換えが出来ない可能性があるので、取り外せるものは事前に外しておきましょう。また学ランの詰め襟のボタンなども簡単に取れます。

名札や校章をなくさないためにも、注意が必要です。

 

④ほつれ、破れ、シミなどの汚れがないか確認しておく

糸のほつれや服が破れたりしたまま、クリーニングをしてしまうと損傷が広がってしまう場合があります。

事前にわかっている場合は、修繕しておくかクリーニング店で補修依頼をかけておくとよいでしょう。(シミの場合も事前に把握して、指示しておきましょう。)

宅配クリーニングだと染み抜きを無料で対応してくれるところも多いです。宅配クリーニングならではのサービスなのです♪

 

⑤装飾品が多い場合などは事前に写真を撮っておく

制服に装飾品がたくさんついていたり、プリーツが細かいスカートなど折り目のプレスが心配な場合には、事前に写真を撮っておくことをお勧めしています。

後々トラブルになったときにきちんと写真を提示でれば、こちらの言い分も通りやすくなります。

前に近所のクリーニング店で失敗されたので、これからは写真を撮って証拠を残しておきます!!

 

制服のクリーニングでよくあるQ&A

Q&A

すぐにでも制服をクリーニングしたいけどまだまだ不安です。他に何を知っていればいいですか…。

そんな方に向けてよくあるQ&Aを下記にまとめています。

Q.クリーニングのオプション加工はつけた方がいいの?

制服のオプション加工なら『ウェット仕上げ(汗抜き加工)』か『はっ水加工』を選ぶと良いです。

『ウェット仕上げ』とは通常のドライクリーニングでは落とせない汗や雨などの水溶性の汚れを落とす仕上げ方法です。目安は1年に1回とかでも問題ないです。

オプション費用として、ドライクリーニングの料金の1.5~2倍ほどになります。

Kei
はっ水加工とは雨や水分をはじく効果が一定期間続く加工のことです。金額は約600~1,000円位です。

 

Q.そもそも制服は洗濯できないの?

最近の制服は自宅で洗えるものが多くなってきています。しかし色褪せや型崩れ、洗濯後のアイロンなどめんどくさいと感じる工程が非常に多いのが悩みの一つです。

また自然乾燥をするのが基本なので、少し時間がかかってしまいます。

洗濯できる制服の見分け方ですが、ウール50%以下あれば、家庭洗濯ができます。

制服に使用しているボタンやテープ、縫製仕様によって、自宅で洗濯ができないものもあるので、 品質表示に付いている絵表示を必ず確認してください。

  • ウール50%以上:ドライクリーニング
  • ウール50%以下:自宅洗濯可
  • 綿・ポリエステル素材:自宅洗濯可

 

Q.制服のクリーニング仕上がり日数はどれくらい?

クリーニング店で即日仕上げで出せばその日の夕方に返ってきますが、基本的には2~4日程度かかります。

宅配クリーニングだと5~10程度日数が必要になる場合があります。

宅配クリーニングを使うなら替えの制服がある場合や学期末、長期休暇、衣替えのときがよいでしょう!

 

長期休暇だとついついクリーニングに取りに行くことを忘れて直前でバタバタすることが多いのです…。
そんなときは絶対宅配クリーニングがいいです。荷物が勝手に届くので引き取り忘れの心配ゼロです♬

 

Q.クリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニングから返ってくるとビニール袋に入ってきますが、クリーニング後は下記の方法で保管をするようにしましょう。

  1. ビニール袋を取る
  2. きちんとクリーニングされているか確認する
  3. ハンガーを変える(木製であればさらに良い)
  4. もし問題があればすぐに問い合わせをする(タグは外さない)
  5. 外したボタンや校章、名札などをつけておく
  6. 防カビ・防虫に意識してクローゼットに保管する

 

Q.普段から制服を綺麗に保つためにはどうしたらいいですか?

できるだけ制服を綺麗に、できるだけクリーニングする頻度は抑えておきたいと思うのは当然です。

ふだんから出来る制服のケアの方法を簡単な3ステップで説明します。

STEP1:脱いだらまずハンガーにかけて干す

日光が当たらない、風通しのよい場所で干しましょう。汗が乾き、臭いを防ぐことが出来ます。

STEP2:ポケットを空っぽにする

どうしてもポケットに物が入っていると重みで型崩れを起こしてしまいます。綺麗にハンガーに掛けて干すと、シワが伸びて翌日ピシッとした制服を着ることが出来ます。

STEP3:ブラシをかける

制服には思った以上に土やチョークなどのホコリが付きやすいものです。

布目に沿うように、上から下を意識して一方向にブラシでホコリを払いましょう。

 

Q.消臭スプレーは毎日使うべきですか?

毎日使うのはやめておいてください。

制服を綺麗にしておきたい!という想いから消臭スプレーを毎日使用している家庭も少なくないと思います。たしかに消臭スプレーにはニオイ成分を分解し、除菌してくれる効果があるので多少のニオイ対策としては期待できます。

しかしながら、消臭スプレーを使っていても汚れが取れている、つきにくくなっているということではありません。毎日の過度なスプレーでシミができたりや生地が傷んだり、虫がつきやすくなる原因となるリスクがあります。

スプレーはあくまで、外出時にニオイが気になるときを目安に使用したほうが良いです。

やはり消臭スプレーでごまかすよりも、定期的な洗濯やクリーニングが重要なのです。

ポイント

嫌な臭いや飲食店のニオイなどは、ドライヤーやスチーマーなどの風を当てたりすることで軽減することが出来ます。

 

制服のクリーニング代|まとめ

卒業式

本記事は「制服のクリーニング代はいくら?相場や最安値について徹底解説!」について書きました。

制服クリーニング料金の相場は『900~1,400円』

大手クリーニング店では『ホワイト急便の850円』

宅配クリーニングの単価制なら『リネットの1,176円』

宅配クリーニングのパック制なら『美服パックの1,086円』

近所に安くてサービスがいいとこあったかな…。
そんなときこそ宅配クリーニングがピッタリです。家から一歩も出ずに、サクッとスマホで注文できるので、簡単にクリーニングを済ますことが出来ます!

宅配クリーニングだとわずかに金額が高いですが、『シミ抜きや毛玉取りが無料になること』、『宅配で配達してもらえること』を考えるとお店で出すよりもお得に使えるのではないでしょうか。

 

宅配クリーニングは初めてなので、パック制だと少し不安です。まずは単品でいくつかだしてみようと思います♬
そっちの方がいいと思います。パック制だと量が多くて慣れないうちは心配だと思います。まずは簡単に使えるリネットで宅配クリーニングを試してみると安心ですよ♪

>>最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

 

あわせてよみたい人気記事

宅配クリーニングで人気のサービスです。ご興味があれば是非みてください(*'▽')

悪評が多い!実際に使ってわかった『リナビスの評判・口コミ』

調べると必ずでてくるけど本音の感想はどうなの?『リネットの評判と口コミ』

自慢できるほど試して分かった!自信をもっていえる『宅配クリーニングのおすすめランキングTOP3』

 

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-種類別クリーニング

© 2020 宅配クリーニングのすすめ