種類別クリーニング

Tシャツのクリーニング代とは?最安値や注意点・相場について詳しく解説!

Tシャツ 選ぶ女性

 

お気に入りのTシャツをクリーニングしたいんですが、金額や注意点を教えてもらっていいですか?
はい!普段クリーニングする機会が少ないと思うので、改めて説明していきますね!
Kei

 

というわけで本記事は「Tシャツのクリーニング代とは?最安値や注意点・相場について詳しく解説!」について書いていきます。

 

Tシャツのクリーニング代の相場は?

Tシャツのクリーニング代の相場や料金を調べるために大手クリーニングと宅配クリーニングの平均金額を比較しています。

 

Tシャツのクリーニング代の相場

大手クリーニング店 493円
宅配クリーニング 485円
  • 大手クリーニング店の料金は地域や店舗ごとに違います。(上記金額は都内クリーニング店5社平均)
  • 宅配クリーニングの料金は割引価格を適応しています。
  • 宅配クリーニングは単品ごとの定価制の金額を参考にしています。
  • 金額はできる限り最新のもので計算していますが、時期や状況によって異なる場合もあります。ご了承ください。

Tシャツのクリーニング代の相場:400~600円程度

 

Q.Tシャツのクリーニングって何が当てはまるの?

クリーニング店だと受付の人の判断で衣類のカテゴリーが変わってしまい金額が変わることもあります。

一概に全てがコレ!と定義するのは難しいですが、参考までにリネットの公式HPで説明されているものを紹介します。

 

一般的なTシャツ(半袖・長袖)が該当します。

下記いずれかに当てはまる場合はTシャツ扱いにはなりませんのでご注意ください。

腰丈以上の長さがあるもの:ワンピース/チュニックに該当します。
腰丈未満の長さで袖がないもの:ノースリーブ/キャミソールに該当します。

 

 

Tシャツ以外のクリーニング代の相場や注意点については、こちらで紹介しています!

【クリーニング代の相場】料金や頻度が一目でわかる!衣類別に徹底解説

クリーニング代ってわかりづらいし、なにを参考にしたらいいか分かりません。ざっくりとどれだけかかるか確認したいのだけれど…。 クリーニングのサービスを調べていて一番困ったのが料金のバラバラ感でした。HP ...

続きを見る

 

Tシャツのクリーニングで知っておきたい3つのポイント

Tシャツと靴

Tシャツをお得に利用するために知っておきたい3つのポイントを解説していきます。

①Tシャツをクリーニングに出す頻度

クリーニングに出す頻度ですが、1~2回着たらクリーニングに出すのが良いです。

襟や袖のシミや汚れは定着すると取れにくくなってしまうため、なるべく早くクリーニングに出しましょう。

 

Kei
オールシーズン着用できる衣類なので、どうしてもお気に入りのティーシャツは着用回数が増えて傷んできてしまいます。大切なシャツは定期的にクリーニングに出すことで長持ちしますよ♩

 

クリーニングするメリット

  • 型崩れや首回りの伸び、ヨレやシワが少なくなる
  • 色落ちや色褪せ、色移りの心配がない
  • シミ取りで黄ばみや汚れを取ってもらえる

 

②Tシャツの追加料金に注意する

Tシャツをクリーニングに出す際は、下記の2点について確認しましょう。

  • シールやワッペン、付属品、装飾品に注意する
  • 上質生地かどうか確認する

 

★シールやワッペン、付属品、装飾品に注意する

Tシャツにワッペンや刺繍をはじめ装飾品がついている場合は、追加料金に注意が必要です。

装飾品とは、スタッズやラメ、ビジュー、ビーズ、スパンコールなどです。

剥がれやすい、傷つきやすい素材のクリーニングは手間がかかってしまうので費用がかかる恐れがあります。

プリントについては、基本的に追加料金がかかりませんが、クリーニングの工程ではがれてしまう可能性があるので、十分注意しましょう。(下記にてリネット公式HPよりプリントについての注意事項を紹介しておきます。)

プリント加工のプリントは、永久的なものではなく寿命は2~3年程度となります。また、汗や摩擦によって劣化し、 剥がれてしまうこともございます。見た目では寿命を判別することは難しい加工品となります。 リネットでは状態を見て取扱除外品と判断させていただくことがございます。

 

★上質生地かどうか確認する

一般的に自宅でも選洗濯できる素材であれば問題ありませんが、高級ブランドやお気に入りになると素材がデリケートなものになることも少なくありません。

上質素材(デリケート素材)になるとクリーニングの対応が変わるので、追加料金が発生します。

事前に必ずクリーニング店に確認するようにしましょう。

上質素材

カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど

リネットであれば、装飾品対応、上質素材対応はそれぞれわずか+200円です。

 

③Tシャツの毛玉はクリーニング店でとってもらう

毛玉はプロに取ってもらいましょう。ただし、お店によって対応が違うので確認しておきましょう。

受付時にお願いしておかないと対応してくれない場合や、何も言わなくても無料で行ってくれる場合があります。クリーニング店で毛玉取りをお願いすると100~200円程かかることが多いです。

 

Kei
それに比べると、ほとんどの宅配クリーニングでは毛玉取りを無料でしてくれるので別途料金がかからないです。家計にも嬉しいサービスなので是非とも活用してください♬

 

 

TシャツのクリーニングでよくあるQ&A

Q&A

クリーニング店って料金システムが複雑で悩むことが多いです。

そんな方に向けてよくある質問を下記にまとめています。

 

Q.Tシャツをクリーニングに出すべきでしょうか?

自宅にあるTシャツ全てをクリーニングに出す必要はありません。

クリーニングに出すものの目安は『デリケート素材』『お気に入りで長持ちさせたい』『洗濯表示で水洗い不可で自宅で洗えない』ものに限った方が良いです。

装飾品があるものについてはクリーニングに出しておいた方がよいでしょう。洗濯でも手洗いが出来るのであればよいですが、手間もかかるので、クリーニングの方が楽に綺麗に保つことが出来ます。

 

Q.Tシャツのクリーニング仕上がり日数はどれくらい?

即日仕上げがあれば、最短1日でできますが、金額が高くなります。

通常の仕上がりは、2日〜3日といったところです。

宅配クリーニングであれば宅急便が持ち運びする日数かかるので、+2~3日ほど追加でかかります。

もし急ぎの場合は絶対にお店に出しましょう。

 

Q.Tシャツのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は下記の4つを確認してください。

  1. ビニール袋を取る
  2. きちんとクリーニングされているか確認する
  3. もし問題があれば問い合わせをする(タグは外さない)
  4. 防カビ・防虫に意識して保管する

ビニールは必ず取っておかないと、湿気がたまりカビやニオイの原因になります。

保管方法については、別記事の『クリーニング後の保管方法について』で紹介していますので、興味があれば是非ご覧ください♬

 

Q.なぜYシャツよりもTシャツの方がクリーニング代が高いの?

Yシャツの相場というと140~300円程で、Tシャツよりも金額が高いです。

クリーニング店では、どうしてもYシャツの方が依頼数が多くなるので、まとめ洗いができたりと、安価に対応することが出来るようになっています。

  • ワイシャツは、まとめ洗いができる
  • ワイシャツはプレス機で仕上げる
  • Tシャツは種類によってアイロンも手仕上げ

Yシャツと同じ金額と想定していると、案外高かったというトラブルがちらほら見かけられるので、事前に把握しておいた方が良いでしょう。もしYシャツについても知りたい場合は、下記の記事でまとめています。

ワイシャツ
ワイシャツのクリーニング料金は?相場や最安値について徹底解説!

いつもワイシャツをクリーニングに出しているんですが、積み重なると勿体ないなぁって思います。もう少し安くできないですか? Yシャツって数百円のことなんですが、毎週出していると結構な金額になっちゃうんです ...

続きを見る

 

Q.お気に入りのTシャツを手仕上げ加工で出したいのですが金額は?

手仕上げ加工とは、その衣類に合わせた最適な洗いと手作業で上級に仕上げ、特別なオリジナルハンガーで届けてもらえるサービスのことです。(リネットのサービスを参考にしています。)

 

一般のクリーニングとは仕上がりが全く異なるので、特別なTシャツの場合には手仕上げ加工をつけておくことをおすすめします。

Kei
リネットの手仕上げ加工をつけると、合計1,110円ですが、今なら20%OFFの888円で利用することが出来るので一度検討してみてください♬

 

Tシャツのクリーニング代の最安値はココ!

Tシャツのクリーニング代の最安値を『大手クリーニング店(チェーン店)』『宅配クリーニング』のそれぞれを解説していきます。

お店の名前をクリックすれば料金表が表示されます。

大手クリーニング店(チェーン店)
白洋舎 600円
ホワイト急便 400円
ポニークリーニング 500円
うさちゃんクリーニング 418円
スワローチェーン 550円
Kei
大手クリーニング店の最安値は『ホワイト急便』でしたが、店舗や地域によって金額が異なるので事前に確認してくださいね!

 

宅配クリーニング(単品制)
リネット    287円
ネクシー 560円

 

宅配クリーニング(パックプラン制)※10点パックの場合
リナビス 1,070円
せんたく便 798円
美服パック 543円
フランス屋 600円
東京クリーニング 880円
パック制でのTシャツのクリーニングは、割高になるのであまり適してはいないです。

 

リネットのTシャツの定価は410円で、店舗型と比較すると同じ位です。ただ、クーポンが使えるので最安値になっています。

もし今あなたが、安くでお得に利用したいと考えているなら『ホワイト急便』もしくは『リネット』が良いでしょう。

 

『リネット』なら初めての方でも抵抗なく使える宅配クリーニングなので、どんなものか試してみるのにピッタリです。

最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

 

Tシャツのクリーニング代|まとめ

Tシャツ 収納

本記事は「Tシャツのクリーニング代とは?最安値や注意点・相場について詳しく解説!」について書きました。

Tシャツの相場は『400~600円程度』

大手クリーニング店では『ホワイト急便の400円』

宅配クリーニングの単価制なら『リネットの287円』

宅配クリーニングのパック制なら『美服パックの543円』

 

宅配クリーニングの唯一の弱点は、『納期がかかってしまうこと』です。

それ以外の点では、毛玉取りや染み抜きなどのサービスが無料でついていたり、割引やクーポンが充実していたりとお得に利用できるのは魅力的です。

急ぎのクリーニングは近所のクリーニング店で、それ以外は宅配クリーニングで。という風に使い分けると良いでしょう。

 

リネットであれば染み抜き、毛玉取りが無料で利用できるので、一回使って試してみてください♪

最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

 

あわせてよみたい記事

宅配クリーニングで人気のサービスです。ご興味があれば是非みてください(*'▽')

悪評が多い!実際に使ってわかった『リナビスの評判・口コミ』

調べると必ずでてくるけど本音の感想はどうなの?『リネットの評判と口コミ』

自慢できるほど試して分かった!自信をもっていえる『宅配クリーニングのおすすめランキングTOP3』

 

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-種類別クリーニング

© 2020 宅配クリーニングのすすめ