クリーニングのお悩み

宅配クリーニングでありがちなトラブル例と回避方法を一挙紹介!

手軽に自宅に居ながら衣服や布団のクリーニングが出せるサービスとして、宅配クリーニングが注目を集めています。

しかし、利用者が増えるとともに様々なトラブルも増え、ネットやテレビのニュースで報道されるのを目にした方もいるかもしれません。

今回は宅配クリーニングにまつわるトラブル例と、実際にトラブルが起こった場合の回避方法をご紹介します!

宅配クリーニングでよくあるトラブルの例

宅配クリーニングは全国から衣類や布団のクリーニングの依頼が殺到するため、繁忙期に汚れのチェックが甘く、しっかり取れていなかったなどのトラブルが多くなりました。2014年ごろから普及をはじめましたが、そこからトラブル件数は増加傾向にあります。

出典:独立行政法人国民生活センターホームページ

ここでは、よくある3つのトラブル事例を挙げていきます。

①衣類紛失のトラブル

宅配クリーニングを利用したは良いものの、返却の連絡が中々こない。

ここで初めて問い合わせをして、受付がされていないことが分かったという問題があります。

宅配クリーニングの体制も全く作れていなかったのか、賠償もなく泣き寝入りするケースが多かったようです。

Kei
『大事な衣類を紛失された』というのが過去の口コミに多数見受けられます。

注意ポイント

最近は荷物到着のメールや発送連絡など細やかな対応を導入している会社が多くなってきました。自動仕分機械を導入するなどして紛失トラブルをゼロにする取組をしている会社もあります。

 

②請求額のトラブル

最初に注文した金額と、実際の請求金額が違ったというトラブルがあります。

このトラブルに発展する一番の原因は、『分類の仕方』にあります。

ユーザーは、ワンピースのつもりで依頼したものが、クリーニング業者側ではパーティードレスだと判断されてしまった例が挙げられます。

Kei
ワンピースだと約1,000円ほど、パーティードレスだと3,000~4,000円なので、ここで相違が生まれてしまいます。

注意ポイント

この衣類がどっちに分類されるかなと悩むものが出てくると思います。そんな時は、カスタマーサポートに電話、もしくはメールで確認することで認識のズレが起こらないようにできます。

宅配クリーニングは対面ではないというデメリットがあるので、その弱点を補えるサポートがきちんとありますので活用するべきだと思います。

 

③賠償金額のトラブル

クリーニングをする人は手作業のため、ミスが起こる可能性はあります。そのため、どこの宅配クリーニング業者でも賠償金を用意しています。

しかし、この賠償金の上限が小さいことでトラブルに発展するケースが多いです。

例えば、10万円のブランド品のコートを出して「色落ちしてしまった」「誤ってドライクリーニングしてしまった」「破損した」等の連絡があった場合、多くの規約上、賠償金額は、7,000~1万円ほどです。

宅配クリーニングを使うときは賠償責任が充実しているところを選びましょう♪

 

こんなときどうする?宅配クリーニングのトラブル対処法

大事な衣服を紛失されてしまった

衣服が届いておらず、受け付けていないといわれた

クリーニングで、衣服が破損した

連絡が取れず、問い合わせができない

衣類の汚れが取れておらず、品質上問題がある

当初払う予定の金額よりも多く請求された

 

実際このような、トラブルが起きた場合どのようにすればよいでしょうか?
下記で詳しく紹介していきますので、参考にしてみてください!
Kei

 

ポイント

問題が起こっても、冷静になることが重要です。

状況を把握し、時系列ごとに問題をメモし後から見直せるようにしておきましょう。

 

step
1
ホームページの内容をよく確認する

お店によって、規約や賠償基準・対応などは異なります。

連絡を取る前に一度、お店のHPを整理して把握する必要があります。

問題が起こったら、なるべく早くお店に連絡しトラブルの旨を説明しましょう。

 

step
2
今の状況と要望をきちんと伝える

電話やメールで、お店のサポートセンターや本部に連絡を取りましょう。

お店側に非がある場合は、賠償や返金をしてほしい旨をきちんと伝えることが重要です

 

ポイント

電話だけでなく、確認のためメールでも連絡を取るようにしましょう。

メールであれば送信履歴や内容を保存しておけるため、後々問題が長引いた場合などに情報が整理できて役に立ちます。

※賠償責任は、6カ月以内に申告がない場合は、対応してもらえないことが多いです。問題が起きた場合は、速やかに連絡を取り、賠償責任の時効が過ぎないよう注意しましょう。

 

step
3
お店の賠償基準を確認する

全国クリーニング環境衛生同業者組合連合会より抜粋

 

店側のクリーニング処理の破損や紛失の際、全国クリーニング環境衛生同業者組合連合会が主体で作成している基準書の『クリーニング事故賠償基準』をもとに補償内容を取り決めています。

業者やユーザーの双方の問題解決のために作成されており、事故内容や状況に合わせて賠償金額が算出されます。しかしながら、会社によって独自の基準を設けており、その範囲内での賠償のみしか受け付けていない場合あるため、会社のホームページの規約や約款を確認して連絡を入れるようにしましょう。

 

step
4
消費者センターに相談をする

どうしても解決しない場合や、取り次いでもらえないなども場合、消費者センターや消費者ホットラインに連絡をしてみましょう。

相談員や、それに準じた専門知識・経験を持つ相談員が相談を受け、迅速な解決を図るお手伝いをもらうことができます。

Kei
どうしてもラチが明かないときは電話して相談してみましょう。

 

step
5
専門的に調査したいなら鑑定サービス

専門的に原因や問題を解決したい場合は『鑑定サービス』に出すことも出来ます。

科学的に分析することができるので、手段の一つとして検討してみてください。

 

宅配クリーニングの優良店を見極める3つのポイント

トラブルを避けるためには、優良店を選ぶことが最も重要です。

ここは、優良店を見分けるポイントを3つ挙げています。

 

①対応を明確に記している

トラブル時の対応について明確に記されている業者を選びましょう。

『賠償金額が○○円まで』という内容をきちんと記載している業者は、トラブル時の交渉や相談も話が進みやすいです。

Kei
HPできちんと明記されていると会社の姿勢が伝わってきます。そういう会社だと万が一トラブルが起きたときもきちんと対処してくれるので安心できます。

 

②会員数や利用者が多い

会員数や利用者が多いということは、信頼されているという証です。

依頼数が多いと、必ずトラブル数が増えます。そういったトラブルにきちんと対処できなければ、利用者数が減少します。

信用されている宅配クリーニングの業者を利用するよう留意しましょう。

Kei
やはり初めて使う場合は、大手の会社を選んでおくと何かあったときもすぐに解決できます!

 

③口コミや体験談をチェックする

今の時代、ネット上で口コミや体験談を、探すことは非常に有効です。

評判が良いところは、総じて利用したあとの満足度も高いです。

 

ポイント

口コミで悪い情報があった場合、その会社がその後、きちんと対応できているかなど確認することも重要です。

昔の口コミや偏った体験談を鵜呑みにするのは注意が必要です。

 

トラブルにならないためにできること

ミスは必ず起こるものですが、極力トラブルを起こさないように事前にできることはあります。

トラブルにならないためにできることを下記で4まとめています。参考にしてください。

 

①万が一の賠償責任を確認する

賠償金額が小さいとトラブルになることが多いために、事前に規約などで賠償責任を確認しましょう。

賠償限度額というものを設定しているお店が多いため、依頼する前にしっかりと確認をするとよいでしょう。

『1点あたり5万円まで』や『1回の注文で10万円まで』などお店によって異なるので注意が必要です。

リナビス-賠償基準(公式HPより引用)

第4条(賠償額の算定に関する基本方式)

賠償額は、つぎの方式によりこれを算定する。ただし利用者とクリーニング業者との間に賠償額につき特約が結ばれたときは、その特約により賠償額を定める。

賠償額= 物品の再取得価格 × 物品の購入時からの経過月数に対応して別表に定める補償割合
※1注文あたり20万円、1点あたり5万円を賠償額の限度とする。

 

②その店で対応不可の衣類を把握する

お店によって、対応が不可の衣類があります。

ったクリーニング処理をされないためにも、確実に依頼するようにしましょう。そのお店のHPなどで確認することが出来ます

※参考(リナビスHPより引用)

 

③出す前に写真を撮っておく

出す前に写真を撮ると非常に便利です。

気になる箇所や衣服の状態などを記録に残すことで、後々のトラブルが解決できる可能性があります。

出す前にきちんと写真を撮り、衣類が返ってきたら速やかに衣類の確認をするようにしましょう。

 

④直接お店に電話をして確認をする

対応が良いお店では、サポートセンターやチャットメールが出来るところがあります。

ポイント

クリーニング可能かどうか悩む衣服や生地があった場合、お店の対応を確認したい場合などは直接電話して確認することをおすすめします。

 

宅配クリーニングトラブル回避法まとめ

2017年の国民生活センターの発表によると、2015年のピークを境に、翌年からはトラブル相談件数が大幅に減少しています。

年度 国民生活センター トラブル相談件数
2013年 56件
2014年 180件 (▲増加)
2015年 192件 (▲増加)
2016年 123件 (▼減少 -71件)

クリーニングに関する消費生活相談の 件数と事例をもとに作成

 

宅配クリーニングの需要が高まる一方で、業者の体制や対応も改善されたため、トラブルが少なくなってきたと想定することが出来ます。しかしながら、トラブル件数はゼロではありません。

HPが充実しているお店

会員数や利用者数が多く、人気のお店

口コミや体験談を見てみる

上記の3点は少しの時間で確認することが出来ます。

ほんのわずかな確認で、トラブルに巻き込まれる確率を下げることが出来ます。

 

Kei
宅配クリーニング業者の選び方や、万が一トラブルにあったときにどういった対応を取るべきなのかを確認し、安心・安全に宅配クリーニングを利用してみてください。

 

トラブルへの体制もしっかりしていて、口コミの評価も高い宅配クリーニングについては下記の記事で解説しています♪

クリーニング受付
宅配クリーニングを初めて使う方に、おすすめのサービスはどこがいい?お得な人気サービスから初心者向けのおすすめを選んでみました。

  初めて宅配クリーニングを使いたいのですが、たくさん種類がありすぎてどれを選べばいいか分かりません…。 宅配クリーニングと一言にいっても、40種類以上ものサービスが存在しているので、はじめ ...

続きを見る

 

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-クリーニングのお悩み

© 2020 宅配クリーニングのすすめ