種類別クリーニング

ポロシャツのクリーニング料金はいくら?相場や最安値、注意点を詳しく紹介!

白いポロシャツ

ポロシャツって洗濯すると襟や袖がよれてくるので、クリーニングに出してみようと思います。
お気に入りのポロシャツはピシッと綺麗にしておきたいですよね。クリーニング料金や出すときの注意点を紹介しますね!
Kei

 

というわけで本記事は「ポロシャツのクリーニング料金はいくら?相場や最安値、注意点を詳しく紹介!」について書いていきます。

ポロシャツのクリーニング料金の相場について

ポロシャツのクリーニング代の相場や価格料金を調べるために大手クリーニングと宅配クリーニングのそれぞれの平均金額を比較しました。

ポロシャツでも袖が長い場合などは少し金額が変わる可能性がありますので、今回は半そでのポロシャツを対象に料金を比較しています。

 

ポロシャツのクリーニング料金の相場

大手クリーニング店 511円
宅配クリーニング 462円
  • 大手クリーニング店の料金は地域や店舗ごとに違います。(上記金額は都内クリーニング店の平均金額)
  • 宅配クリーニングの料金は初回割引、メンバー価格を適応しています。
  • 宅配クリーニングは単品ごとの定価制の金額を参考にしています。
  • 金額はできる限り最新のもので計算していますが、時期や状況によって異なる場合もあります。ご了承ください。

ポロシャツのクリーニング代の相場:400~600円程度

 

ポロシャツのクリーニング料金の最安値はココ!

ポロシャツのクリーニング料金の最安値を『大手クリーニング店(チェーン店)』『宅配クリーニング』のそれぞれを解説していきます。

お店の名前をクリックすれば料金表が表示されます。

大手クリーニング店(チェーン店)
白洋舎 600円
ホワイト急便 400円
ポニークリーニング 500円
うさちゃんクリーニング 418円
喜久屋 600円
スワローチェーン 550円
Kei
大手クリーニング店の最安値は『ホワイト急便』でしたが、店舗や地域によって金額が異なるので事前に確認してくださいね!

 

宅配クリーニング(単品制)
リネット    364円
ネクシー 520円

 

宅配クリーニング(パックプラン制)※10点パックの場合
リナビス 1,070円
せんたく便 798円
美服パック 543円
フランス屋 600円
東京クリーニング 880円
仮に10点パックプランだと、割高になるので普段使いで使うのは適していないかもしれません。試合やイベントで大量にクリーニングが必要で、さらに点数が増えた場合だとかなり安くなるのでお得に使えるかと思います。

 

リネットのポロシャツの定価は520円で、店舗と比較すると同じくらいの価格です。ただし、クーポンが使えるので最安値になっています。

もし今あなたが、お得に安く利用したいと考えているなら『ホワイト急便』か『リネット』が良いでしょう。

 

また、職場などで制服がポロシャツで、絶対にクリーニングに出さないといけない方もいます。

必要経費ではありますが、もったいない出費なのでどうせなら試しに安くでクリーニングしてみてください!!

 

『リネット』なら初めてでも抵抗なく簡単に使える宅配クリーニングなので、どんなものか試してみるのにピッタリです。

最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

 

最安値情報

大手クリーニング店(チェーン店)であれば『ホワイト急便』

宅配クリーニングで1点1点単品で出したいなら『リネット』

宅配クリーニングでパックプランを使いたいなら『美服パック』

 

ポロシャツ以外のクリーニング代の相場や注意点については、こちらで紹介しています!

【クリーニング代の相場】料金や頻度が一目でわかる!衣類別に徹底解説

クリーニング代ってわかりづらいし、なにを参考にしたらいいか分かりません。ざっくりとどれだけかかるか確認したいのだけれど…。 クリーニングのサービスを調べていて一番困ったのが料金のバラバラ感でした。HP ...

続きを見る

 

ポロシャツのクリーニングで知っておきたい3つの注意点

洗濯中のポロシャツ

ポロシャツを損することなくクリーニングするために知っておきたい3つの注意点を解説していきます。

①ポロシャツをクリーニングに出す頻度

ポロシャツをクリーニングに出す頻度は、1回着たら都度クリーニングに出すのが良いです。

どうしてもポロシャツは春夏に活躍する衣服なので、汗がつきやすいです。汗ジミやニオイの元になりやすいので、なるべく早くクリーニングに出すことをおすすめします。

 

Kei
ポロシャツはコーディネートもしやすいので、どうしても着用回数が増えてしまいます。頻繁に洗濯&アイロンを繰り返すと傷んでよれてします。長持ちさせるためにも、定期的にクリーニングに出すこと、着用ルーティンの頻度を少し減らすことを意識しておいてください!

 

②ポロシャツの追加料金に注意する

ポロシャツをクリーニングに出す際は、下記について確認しましょう。

シール、ワッペンなどの付属品に注意する

 

★シール、ワッペンに注意する

ポロシャツの一部にプリントシールやワッペンがついている場合は、追加料金や破損に注意しましょう。

剥がれやすい、傷つきやすい素材のクリーニングは手間や時間がかかるので、別途費用がかかるということもあります。

きちんと事前に確認しておきましょう。

リネットをはじめとした宅配クリーニングの多くは、カスタマーセンターやチャットで質問!のような体制が充実しているので、気軽にすぐに聞けて安心です。

 

③ポロシャツの毛玉やシミはクリーニング店でとってもらう

毛玉やシミはプロに取ってもらいましょう。ただしお店によって対応や料金形態が異なるので確認は必要です。

お店であれば、受付時にお願いしておかないと対応してくれない場合や、何も言わなくても無料で行ってくれる場合があります。クリーニング店でお願いすると毛玉取り、シミ抜きにそれぞれ数百円かかるところが多いようです。

 

Kei
それに比べると、リネットでは毛玉取り・染み抜きを無料でしてくれるので別途料金がかからないです。家計にも嬉しいサービスなので是非とも活用してください♬

 

 

ポロシャツのクリーニングでよくあるQ&A

Q&A

クリーニング店って行くと料金システムとかがよく分からなくて焦ります。他に何を知っていれば安心ですか?

そんな方に向けてよくあるQ&Aを下記にまとめています。

 

Q.ポロシャツのクリーニングでオプション加工はつけるべきなの?

ニオイが気になる場合にのみ『ウェット仕上げ(汗抜き加工)』をつける位で問題ないです。

通常のドライクリーニングでは汗や雨などの水溶性の汚れは落とせないため、ニオイの元を除去することが出来てスッキリとした仕上がりになります。但し、あまり頻繁にすると生地が傷んでしまうので、1シーズンに1回程度でよいでしょう。

オプション費用としては、ドライクリーニングの料金+2~3割ほど高くなるイメージです。

クリーニング店によって金額設定が異なるので、必ず確認してください。

 

Q.ポロシャツはクリーニングに出すべきでしょうか?

ポロシャツを全てクリーニングに出すのは正直もったいないと思います。

クリーニングに出すものの目安は『デリケート素材』『お気に入りで長持ちさせたい』『洗濯表示で水洗い不可で自宅で洗えない』『制服として返却をしないといけない』ものに限った方が良いです。

ポロシャツの襟や袖は洗濯をすると必ずよれてくるので、気になったときはクリーニングにだしても良いかもしれません。

 

Q.シャツのクリーニング仕上がり日数はどれくらい?

通常の仕上がり日数は、2〜3日です。

一方で宅配クリーニングの場合は宅急便が持ち運びする日数が必要なので、+2~4日ほど追加でかかってしまいます。

着る予定が近いポロシャツの場合は、絶対お店に出した方が良いです。

Q.ポロシャツのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は下記の4つを確認してください。

  1. ビニール袋を取って乾燥させる
  2. きちんとクリーニングされているか確認する
  3. もし問題があればすぐに連絡する(タグは外さない)
  4. 防カビ・防虫に意識して保管する

ビニールは必ず取っておかないと、湿気がたまりカビやニオイの原因になります。

保管方法については、別記事の『クリーニング後の保管方法について』で紹介していますので、興味があれば是非ご覧ください♬

 

Q.ハイブランドのポロシャツを安くで出して問題ないですか?

個人的には、あまりおすすめはしていません。

数万するポロシャツの場合、素材や装飾、色落ちなど十分気を付けてクリーニングしたほうが良いです。

少し高くはなりますが、リネットの手仕上げ加工のように1点1点丁寧に仕上げてもらえるオプションやクリーニング店を選んだ方が確実に安心です。

衣服の購入金額に応じて、クリーニング代もそれなりのところに出すという認識の方が良いでしょう。

 

ポロシャツのクリーニング料金|まとめ

本記事は「ポロシャツのクリーニング料金はいくら?相場や最安値、注意点を詳しく紹介!」について書きました。

シャツの相場は『400~600円程度』

大手クリーニング店では『ホワイト急便の400円』

宅配クリーニングの単価制なら『リネットの364円』

宅配クリーニングのパック制なら『美服パックの543円』

 

近くに安くてお得なとこあったかな…。
そんなときこそ宅配クリーニングがピッタリです。家から一歩も出ずに、サクッとスマホで注文できるので、簡単にクリーニングを済ますことが出来ます!

 

宅配クリーニングの唯一の弱点は、『納期がかかってしまうこと』です。

それ以外の点では、毛玉取りや染み抜きなどのサービスが無料でついていたり、割引やクーポンが充実していたりとお得に利用できるのは魅力的です。

急ぎのクリーニングは近所のクリーニング店で、それ以外は宅配クリーニングで。という風に使い分けると良いでしょう。

 

染み抜きや毛玉もついでに無料で取って欲しいので試しに宅配クリーニングを使ってみようと思います!
リネットであれば送料無料で利用できちゃうので、一回使って試してみてもいいですよね♪

>>最新のキャンペーンが適応される『リネット公式HP』はこちらから

 

あわせてよみたい記事

宅配クリーニングで人気のサービスです。ご興味があれば是非みてください(*'▽')

悪評が多い!実際に使ってわかった『リナビスの評判・口コミ』

調べると必ずでてくるけど本音の感想はどうなの?『リネットの評判と口コミ』

自慢できるほど試して分かった!自信をもっていえる『宅配クリーニングのおすすめランキングTOP3』

 

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-種類別クリーニング

© 2020 宅配クリーニングのすすめ