種類別クリーニング

ジャケットのクリーニング料金は?頻度や相場、注意点など詳しく説明します!

グレーのジャケット

 

ジャケットのクリーニングってどれくらいかかりますか?
料金や追加料金を簡単に説明していきますね!
Kei

 

というわけで本記事で、ジャケットのクリーニング料金、頻度、相場、注意点を説明します。

出来る限り最新の情報をもとに解説しますが、お店や時期で異なりますので、目安として参考にしていただけると幸いです。

ジャケットのクリーニング料金の相場

大手クリーニングと宅配クリーニングの平均金額を比較しました。

大手クリーニング店 831円
宅配クリーニング(単品型) 785円
  • 大手クリーニング店(都内6社)の料金は地域や店舗ごとに違います。
  • 宅配クリーニングは初回割引、単品制を適応しています。

ジャケットのクリーニング代:約600~1,100円

ジャケットの定義について

一般的なものでスーツの上や各種ジャケットが、当てはまることが多いです。(制服や礼服は該当せず)

また、以下のジャケットは高くなる傾向にあります。

  • ウールジャケット
  • ツイードジャケット
  • ニットジャケット
  • キルティングジャケット

参考として、ジャケットの定義を紹介します。

ジャケットの説明写真

【ジャケットの定義】

礼服・制服の上着を除く、スーツ(上)、各種ジャケットが該当します。

スーツ(上)以外の各種ジャケットは着丈が袖丈より短いものが「ジャケット/スーツ」扱いになります。

下記のいずれかに当てはまるものは「ジャケット/スーツ」扱いにはなりませんのでご注意ください。

-生地に厚みがあり防寒要素が強いもの 「コート / ハーフコート」に該当します。
-ニット素材のもの 「ニットジャケット」に該当します。
-裾や袖口にボタンやゴム編みがついたもの 「ジャンパー」に該当します。

リネット公式HPより引用

他のお店だと定義が変わる可能性が高いので、必ず確認してください!

コート丈とジャケット丈の違い

ジャケットとコートの違いを紹介します。

ジャケット丈 コート丈

袖より着丈が長いものはニットコート・ダウンコート・キルトコートとして分類します。

袖より着丈が短いものはニットジャケット・ダウンジャケット・キルトジャケットとして分類します。

リネット公式HPより引用

礼服との違いについて

礼服の場合、金額が高くなることがあります。

理由として、礼服は黒色(深めの黒)でアイロンを当てるとテカリがでやすいので、機械プレスでなくハンドアイロンで形を整えなければならず、通常よりも手間がかかるからです。

リネットでは略式ジャケットの料金設定は一般のジャケットと同じです。

礼服とスーツの違い

 

ちなみに、それ以外の服については、一覧でまとめています。

↓↓↓↓

【クリーニング代の相場】料金や頻度が一目でわかる!衣類別に徹底解説

クリーニング代って、だいたいどれくらいですか? HPがなくて、まったくわからない!などの不便が多いと思います。今回は、相場について解説していきます。 最新の情報をもとに、更新していますが、お店や時期で ...

続きを見る

 

ジャケットのクリーニング料金の最安値はココ!

最安値を、大手クリーニング店(チェーン店)宅配クリーニングで解説していきます。

お店の名前をクリックすれば料金表が表示されます。

大手クリーニング店(チェーン店)
白洋舎 1,230円
ホワイト急便 530円
ポニークリーニング 700円
うさちゃんクリーニング 638円
スワローチェーン 740円
喜久屋 1,150円
最安値はホワイト急便でしたが、追加料金で変わることもあります。
宅配クリーニング(単品制)
リネット   760円
ネクシー 810円
宅配クリーニング(パックプラン制)※10点パックの場合
リナビス 1,070円 
せんたく便 798円
美服パック 543円
フランス屋 600円
クリーニング東京 880円
プロケア 838円
リコーベ 950円
宅配クリーニングはシミ抜き・毛玉取り込みの金額で、点数が多いと安くなるのがパックの特徴です。

最新のクーポンを紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

↓↓↓↓

【2022年最新版】宅配クリーニングのクーポンや割引キャンペーン情報まとめ一覧!

宅配クリーニングのクーポンを探しているんですけど、一番オトクなのってどれですか?なんかおすすめがあれば教えてほしいです! 数が多くて分かりづらいんですよね…。調べるのもめんどくさいと思うんで、一覧にま ...

続きを見る

 

ジャケットの追加料金で知っておきたい3つの注意点

ジャケットを着た女性

知っておきたい3の注意点を解説していきます。

  1. 装飾品がついているか
  2. 上質(デリケート)素材があるか
  3. 革製品が使われているか

装飾品がついているか

ワッペンや刺繍、装飾品がついている場合は、追加料金がかかる場合があります。

装飾品には、以下のものが当てはまります。(数によって変動)

タッズ、ラメ、ビジュー、スパンコール、レース、フリル、プリーツ

上質(デリケート)素材があるか

上質な素材(デリケート素材)になると、追加料金が発生することがあります。

一般的に、店:1%、宅配クリーニング:30%の割合で料金がかかる場合が多いです。

上質素材

カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど

革製品が使われているか

一部分でも革素材が使われている衣類は、要注意です。

革製品は、クリーニング対応が変わってしまうあるため、別料金が発生します。

本革になるとさらに特殊対応となり、取扱不可のクリーニング店もあります。

★リネットの追加料金について

リネットの場合、以下のように料金が決まっており、事前に分かりやすいのが特徴です。

また、革も約3cm四方であれば200円です。

リネット 追加料金

 

ジャケットのクリーニングでよくあるQ&A

紺ジャケットを着た女性

よくあるQ&Aを以下でまとめています。

ジャケットをクリーニングに出す頻度

1シーズンに1回を目安に出しましょう。

夏場などで汗やニオイが気になる場合には、2週間~1ヶ月に1回の頻度がよいです。

肌に触れていない状態であれば、クリーニングに出すことをそこまで意識しなくてもよいです。

頻繁にクリーニングすると生地を傷めてしまうため、お手入れを欠かさず汚れをとっておきましょう。

ジャケットのクリーニング仕上がり日数

一般的に2~5日程度かかります。

即日仕上げを使えば、当日受け取ることも可能です。

デリケート素材や装飾品:約7日程度

宅配クリーニング:約4~7日

もし急ぎで必要な場合は、お店に出した方が安心です。

オプション加工をつけるべきか

ニオイが気になる場合は、ウェット仕上げ(汗抜き加工)をつけましょう。

通常では、汗や雨などの水溶性の汚れを完全に落とせないため、ウェット加工でニオイの元を除去する必要があります。

また、そのほかには撥水加工をつける方も多いです。

はっ水加工をつけると、水弾きだけでなく生地に汚れが浸透しにくくなります。

オプション価格相場表

ウェット(汗抜き)加工 1,000円前後
はっ水加工 500~700円程度
花粉ガード加工 1,000円~
抗菌・消臭・防臭加工 400~600円程度

毛玉やシミはとってもらえるか

クリーニング店で取ってもらうことが出来ます。

相場は、毛玉取り・シミ抜きに各100~300円程かかることが多いです。

無料対応してくれる店舗もありますが、多くは別料金がかかるように設定されています。

宅配クリーニングの多くは、毛玉・シミ取りが無料サービスになっています。

ジャケットはクリーニングに出すべきか

ウォッシャブル、形状記憶のついている場合は、自宅で洗濯しても問題ないです。

ただし、以下についてはなるべく出した方がよいです。

  • デリケート素材のもの
  • お気に入りのもの
  • 洗濯表示で水洗い不可のもの

革ジャンもクリーニングに出すことはできますか?

もちろんクリーニングに出すことはできますが、料金は非常に高いです。

特殊なクリーニングになり、納期も1ヶ月ほどかかります。

レザージャケットやライダースジャケットを出すときは、十分注意しましょう。

目安として、以下のようなイメージです。

合成皮革:4,000円前後

本革:6,000円~(見積もり)

クリーニング後の保管について

クリーニング後は以下の5つを意識してください。

  1. ビニール袋を取って乾燥
  2. クリーニングされているか検品
  3. 問題があれば連絡(タグは外さない)
  4. シワがないようにハンガーを変えて収納
  5. 防カビ・防虫に意識して保管

衣類が石油くさいのは、完全に溶剤が乾燥しきっていないのが原因です。

ニオイが気になるときは、日陰で風通しが良いところにしばらく干しておきましょう。

ジャケットのお手入れ方法について

ケアの方法を3ステップで説明します。

①脱いだらハンガーにかけて干す

日光が当たらない、風通しのよい場所で干しましょう。

汗が乾いて、いやな臭いを防ぐことが出来ます。

木製ハンガー

②ポケットを空っぽにする

型崩れを防ぐためにポケット(外・内ポケット)の中身を空にします。

ポケットに物が入っていると重みで、シワがつきます。

③ブラシをかける

ジャケットについてホコリや汚れを取り除きましょう。

軽い力でブラシを滑らせるようにブラッシングをします。

ブラシを使うことで、汚れが取れるだけでなく毛玉もできにくくなります。

消臭スプレーをしておけばいいですか?

消臭(除菌)スプレーでは汚れは取れません。

ニオイ成分を分解し、除菌効果があるので多少のニオイ対策としては期待できます。

過度なスプレーは、シミや生地の傷み、虫がつくリスクにつながります。

スプレーはあくまで、外出時にニオイが気になるときなどに使用しましょう。

ポイント

飲食店などのニオイ:ドライヤーやスチーマーの温かい風を当てると軽減

気になるシワ:入った後の蒸気たっぷりの浴室で吊るすとシワが伸びる

安いところで出しても問題ないか?

相場よりも安いお店は、仕上がりの質や衣類の破損などに注意をした方が良いです。

クリーニングの溶剤や工程の手間を減らすなどの工夫でクリーニング料金を安くしているところが多いです。

トラブルにならないためにも、相場の範囲内でクリーニングに出すことをおすすめします。

高価なジャケットをだすときは?

キレイナHP画像

イブランドに特化したサービスを使う方が安心です。

たとえば、キレイナなどが該当します。

金額は高いですが、他で断られるような衣類でも対応してもらえます。

>>キレイナを使ってみた

 

ジャケットのクリーニング代|まとめ

沢山のジャケット

ジャケットのクリーニング料金:600~1,100円程度

追加料金やオプション、シミ抜きや毛玉取りなどで料金表より高くなることが多いです。

宅配クリーニングだとオプション無料なので、フル活用していきたいところですね♪

読まれている記事

宅配クリーニングを初めて使ったときの感想レビューです。

本音の感想ってどう?気になる『リネットの評判と口コミ』

自腹で試したから分かる!『宅配クリーニングトップ3』

 

-種類別クリーニング