クリーニングのお悩み

【家事を手伝わない夫に不満爆発!】夫に進んで手伝わせる3つの秘訣を紹介

妻 ストレス

家事をしない夫に心の底からイライラします。なぜ女が家事を全部しないといけないんですか?夫婦なのにおかしいと思います。
そうですよね、同感です!私も女性だけが家事を担う時代はとうの昔に終わったと思っています。夫が全く手伝わないことにイライラしているあなたのために解決策を紹介していきます。
Kei

この記事では、家事を手伝わない夫(旦那)に対して、どうすれば家事を手伝わせることができるのか?という3つの秘訣を踏まえて伝えしていきます。

家事を手伝わない夫に対して険悪な空気を作らない

険悪な雰囲気

何もしようとしない夫(旦那)が目の前にいるだけでイライラし、不満が爆発する一歩手前の極限状態にいるとお察しします。

そのような状態の中で、夫にやって欲しいことや直してほしいことを伝えようとしてもついつい攻撃的な言葉や態度を無意識のうちに選んでしまい、最初は夫の機嫌が良かったのが、話をするにつれて夫の機嫌が悪くなり、最後は必ず険悪な空気になってしまいます。

「なぜこんなことをお願いしないといけないのか」「家事を手伝って当然だ!」という気持ちを持つのは当たり前です。しかし、家事をしない夫にも何か手伝わない理由があるかもしれません。耐えられないかもしれませんが朗らかな雰囲気で話をしてみるようにしましょう。

男は機嫌が悪くなったり、都合が良くない話になると無口になる傾向が多いです。あなたの機嫌がよさそうに見えて、冗談ぽっく相談されると、「よし!分かった。やってみるわ」と快く承諾するかもしれません。

あなたの機嫌が良いと夫(旦那)も機嫌よく話をしたり、笑ったりします。逆に険悪な雰囲気だと貝のように閉じこもり、それがまた鬱陶しいと感じる原因になります。相談をするときこそ明るい雰囲気が大切です。

なぜ夫は家事をしないのか?

家事をしない夫には何かしらの理由があるかもしれません。

下記にまとめているので、夫の心理を確認みましょう。理由が分かれば話し合いもスムーズに進むかもしれません。

仕事で疲れているからゆっくりしたい

女が家事をするものだという考えで育った

家事の全体像が把握できていない

手伝っても結果に満足してもらえない

家事の経験がないのでできない

そもそも家事をするという認識がない

①仕事で疲れているからゆっくりしたい

仕事で肉体的・精神的に疲れていることで、せめて家にいる時間だけはゆっくりしてリラックスしたいという理由です。

職場での立場が上がることによりストレスやプレッシャーで疲労が大きくなっており、動きたくないと感じている人も多いのではないでしょうか。

②女が家事をするものだという考えで育った

生まれ育った環境が影響している場合が多いです。昔ながらの考えを持っている家庭ではどうしても家事は女性がするものであり、男は外で仕事に励み、家族を養っていくという考えです。当たり前のものだと潜在意識に刷り込まれているので、自分が家事をしなければいけないと感じることもありません。

常識として疑わなかっただけなので、相談してみると案外協力的だったということもあります。

③家事の全体像が把握できていない

今まで手伝ってこなかったこともあり、家事の詳細を分かっていないことが原因です。

男からすると、家事をしている妻のテリトリーに中々入っていけない感覚があります。勝手に手伝うわけにもいかないし、妻が何をしてくれているか分からない。どうせ分からないから、何も言わないでおこう。

『何を手伝えばいいか分からない』そんな想いが積み重なってしまっているというケースがあります。

④手伝っても結果に満足してもらえない

あなたに喜んでもらえると、家事を手伝ったところ「こうじゃない!」「もっときれいに!」とダメ出しされることが原因で手伝うこと諦める夫がいます。

例えばタオルのたたみ方ひとつをとってみても、畳んだけれど違うかった。「じゃあもういいや」そんな経験があったことで家事を手伝うことから遠ざかってしまったのかもしれません。

⑤家事の経験がないのでできない

これまでに家事をしなければいけない状況に迫られた経験がない男性が沢山います。家事を経験したことがないから、何をどうればいいか分からないという状態にいるかもしれません。

洗濯機の回し方、そもそも洗濯用洗剤と柔軟剤の違いも分かっていないなど、全く知識がない人も珍しくないです。

今まで家事を知らなくても生活できていたので、頑張ってこれから家事を覚えようとする人は少ないです。手順ややり方を教えてもらえば家事ができるようになるといった話も聞きます。

 

夫に進んで手伝わせる3つの秘訣

家事をしない夫に効果的な3つの秘訣を紹介します。

強制的に手伝わせようとしても男は動きません。この3つの秘訣で夫が自然と手伝うようになります。

家事リストを作成し夫に把握してもらう

まずあなたが抱えている家事をリスト化しましょう。家事リストを作るとかなりの量になるかと思います。それを自然な流れで夫に見せてみましょう。

「最近はやりのアプリがあって家事リストを使ってみた!こんなん作れるってすごいよね~。」という具合に夫に話をします。すると必ずこんなに数があるんだと驚くと同時に、なるほどこんな家事もしているんだなと家事の全体像を把握することが出来ます。

あなたはここで、強制的に「これだけあってきついからこれしてくれない?」と言ってはいけません。まずは夫が見える場所に家事リストを置くだけで良いです。この家事リストがあることで夫に無言のプレッシャーを与えます。

男の立場から言うと、夫は妻の機嫌をうかがっていることが多いです。そんな中で家事リストが目に見える場所にあると、「手伝った方がいいかなぁ」という意識が生まれます。

しばらく夫の様子を見て、少しでも家事リストに気をかけて動いてくれたら、家事を手伝わせる体制作りが完成したも同然です。あとは、ゆっくりと夫ができる家事を増やしていけるよう教育させればいいのです。

ポイント

怒られるよりも、注意されるよりも暗黙のプレッシャーの方が、やらないといけないかな。という気持ちに向きます。夫に全体像を把握させ少し考えさせるのも効果的です。

具体的に家事をお願いする

どうしても家事をしたことがない夫にとって、いきなり家事に参加することは非常に難しいと感じてしまいます。勝手に家事をして妻に「こうして欲しいわけじゃない。これはちゃんとやり方があるから」と言われてしまうと、自信とやる気が喪失します。せっかくの夫の行動が無駄になってしまいます。そうなる前に、家事をあなたの方から詳しく具体的にお願いしてみましょう。

①ここのスーパーに行って、これとこれを買ってきて欲しい。選ぶポイントは、「○○だからね♪」

②洗濯物を干してほしいの。「この洗剤を使って洗濯機を回して、このタイミングで柔軟剤を入れて…」

以上のようにあなたがして欲しい家事について詳しく、具体的に伝えることがポイントです。事前に夫に家事を説明して置けると、いざというときに夫の担当にもすることが出来たり、手伝ってほしいタイミングでお願いできたりするので、最初は面倒くさいですが、きちんと夫に教えてあげるようにしましょう。

Kei
説明する際にあなたが何かで困っているということを前置きできるとさらに良いです。例えば、しもやけができて洗濯がつらい。少し手伝ってくれない?など夫の助けがどうしても必要!という状況を作り出すのも効果的です。

夫は褒めて伸ばす

妻が喜んでいる姿や「ありがとう!すごく助かった」と言われると、とても嬉しいと感じるものです。

世の夫は、妻に怒られることはあっても、褒められることはあまりありません。ほんの少しの手伝いをしただけで、こんなに喜んでくれるんだと感じられると、家事への参加が自然と増えてきます。

最初のうちは、どうしても「なぜ夫を褒めないといけないの?私はいつもしていることなのに」と思ってしまうかもしれませんが、最初のうちは我慢しながら褒めることも大切だと感じています。

上手くいかない場合は夫婦会議を行う

話し合い

上記の3つを試てもみても効果がない場合は、きちんと夫婦で話し合いの時間を持ち、あなたが夫にどうしてほしいかを伝える必要があります。

どうしても勘が悪く、妻の悩みに気づけていない人がいるので、きちんとあなたのつらい気持ちや疲れを素直に伝えることが重要になってきます。いつものあなたの言葉が届かない夫には、普段しないような言葉や感情をぶつけてみてください。(怒る・キレる・泣く)

あなたが、普段どう思っているか夫は全く気付いていないこともあります。あなたの心の声を聞いて行動を変えてくれるきっかけになるかもしれません。

Kei
あなた自身の普段たまっている悩みや不満を発散できてストレスも少なくなります。

 

夫とコミュニケーションの時間が取れていますか?

仕事が忙しくなったり、家事や子育てで追われるようになると急にパートナーとのコミュニケーションの時間が少なくなる家庭が非常に多いです。会話をしないことに慣れてしまうと、いざというときに会話が続かなかったり、関係が悪化したりと離婚の原因にもなってしまいます。

夫との会話が足りていない場合

夫との会話が足りていないなと感じた時は、2人で外出してみたり、普段と違うことにチャレンジしてみましょう。休日も家にいて変わりない時間を過ごしてしまうことで、マンネリになり会話もなくなってしまいます。

会話が増えると、お互いの意思疎通や要望も聞いてもらいやすくなるので、コミュニケーションの量を増やす為に、環境の変化をつけることをおすすめしす。

少しいいところに外食に行く

普段いかない買い物に一緒に行く

少し遠方に外出してみる

自分自身の時間が取れていない場合

夫とのコミュニケーションを増やす前に、あなたの時間が十分に取れていないとストレスがたまり生活に余裕がなくなり、余計にイライラしてしまいます。

家事を減らし、上手く節約をして、自分だけで美味しいものを食べに行ったり、エステを受けたりと自分だけのご褒美を作ってみてください。

Kei
あなたは毎日頑張りすぎです。もっと自分に時間を使うべきであり、充実した生活を送ってほしいです。

 

家事を減らしたい、けれども節約もしたい場合は

「宅配クリーニング」をまずはおすすめするようにしています。

宅配クリーニングがなぜいいのか?

なぜ宅配クリーニングがいいのでしょうか?逆に高くなるのではないですか?

そう疑問に思う理由も分かります。

宅配クリーニングは、人件費やお店の維持費がかからないので、クリーニング代が安くなる傾向にあります。

また、宅配クリーニングだとキャンペーンやクーポンの割引率も高いので節約が簡単にできるようになります。

ポイント

いつもより楽なのに節約ができる

誰の相談も必要なく、スマホで完結できる

クリーニングに行く手間がなくなる

宅配クリーニングを上手く使えば、年間10万円の節約と人生を通して80時間が自由な時間となります。

 

まとめ【あなたの行動次第で夫を変えることができる】

夫が自発的に家事を手伝うことを待っていても、絶対にその時は来ません。あなたが夫を手伝わせるために事前に準備をし、行動することが第一です。

全体像を把握してもらい、簡単なところから夫に覚えてもらうことから始めることで、夫との家事を分担ができる環境になります。夫を褒めることに苦痛を感じるかもしれませんが、お互い好き同士で結婚した時の気持ちを思い出しながら、相手のことを尊重し、褒めることで夫の意識改善を実現しましょう。

そのためにもまずは、あなたの生活の余裕を確保し、円満な人生を送ることが絶対条件です。節約や時短を通してあなたへのご褒美を作りながら夫婦円満な環境を作り出してください。

 

宅配クリーニングに少し興味がある方は、下記の記事がオススメです。

クリーニング受付
宅配クリーニングを初めて使う方に、おすすめのサービスはどこがいい?お得な人気サービスから初心者向けのおすすめを選んでみました。

  初めて宅配クリーニングを使いたいのですが、たくさん種類がありすぎてどれを選べばいいか分かりません…。 宅配クリーニングと一言にいっても、40種類以上ものサービスが存在しているので、はじめ ...

続きを見る

 

 

迷ったらまずはリネットがおすすめです!

リネット

  • 今だけ初回利用30%OFFなので超格安!
  • さらに送料とプレミアム会員が2ヶ月無料
  • やめたいときに無料でプレミアム会員を解約できる

宅配クリーニングがどんなものか試してみたい人におすすめ。

リネットは普段使いのクリーニングにピッタリで、『早く』『安く』で使えます!それなのに賠償責任制度が充実しているのも魅力♪

わたしが初めて利用した宅配クリーニングなのですが、そのあと10社以上経験してもやっぱり一番のおすすめがリネットであることは変わりありませんでした。

Kei
スマホですぐに登録できて利用方法も簡単なので、気軽に試してみたい場合に第一候補となる宅配クリーニングです。

まずは、宅配クリーニングで家事がどれだけ楽になるかをリネットを使って試してみるのがおすすめです♫

よく読まれている記事

3万円 1

クリーニング代をなんとかして節約したいのですが、何かいい方法はないですか? スマホで簡単にできる節約術があります。一度試してみてください!Kei 定期的にかかるクリーニング代を節約したいと思う人はかな ...

クリーニング受付 2

  初めて宅配クリーニングを使いたいのですが、たくさん種類がありすぎてどれを選べばいいか分かりません…。 宅配クリーニングと一言にいっても、40種類以上ものサービスが存在しているので、はじめ ...

3

リネットって便利そう。使ってみたい!けれどやり方が分からない… 登録から利用方法まで簡単に分かるように説明します!参考にしながら使ってみてくださいね♬Kei この記事を読んでほしい人 リネットの利用方 ...

4

リナビスのクーポンを入手して注文をしたいです!どうすればいいか教えて下さい。 リナビスのクーポンを入手するには、まず会員登録する必要があります!ここでは会員登録や注文方法を分かりやすく説明していきます ...

-クリーニングのお悩み

Copyright© 宅配クリーニングのすすめ , 2020 All Rights Reserved.