種類別クリーニング

コートのクリーニング代はいくら?相場や頻度、注意点など徹底解説!

コートを着た女性

 

コートをクリーニングに出したいのですが、どのサイトを見てもいくらかかるのか分かりません…。どこに出せば安心してお得に使えるんですか?
コートは、クリーニングの中でも金額差が大きい衣類なので、慣れていないと分かりづらいと思います。困っているあなたに向けて、この記事を見たらどこに出せば一番お得なのかを簡単に、徹底的に説明していきますね!!
Kei

 

というわけで本記事は「コートのクリーニング代はいくら?相場や頻度、注意点など徹底解説!」について書いていきます。

コートのクリーニング代の相場について

コートのクリーニング代の相場や料金を調べるために大手クリーニングと宅配クリーニングのそれぞれの平均金額を比較しました。

下記の金額は、クリーニング店の料金表に記載してある一般的なコートの金額です。追加料金は加味していません。

 

コートのクリーニング代の平均金額

大手クリーニング店 1,366円
宅配クリーニング(単品型) 1,422円
  • 大手クリーニング店の料金は地域や店舗ごとに違います。(上記金額は都内クリーニング店の6社の平均金額)
  • 宅配クリーニングの料金は初回割引、メンバー価格を適応しています。
  • 宅配クリーニングは単品ごとの定価制の金額を参考にしています。

 

コートのクリーニング代の相場:1,300~2,000円程度

ハーフコートのクリーニング代の相場:1,100~1,800円

ダウンコートのクリーニング代の相場:2,000~3,100円

 

①コートって何が当てはまるの?

クリーニングの料金表に記載されている『コート』は、トレンチなどの一般的なデザインがこれに当てはまることが多いです。

また、ニットコートやダウンコート、キルティングコートなどは、一般的なものと比べて金額が高くなる傾向にあります。

参考までにコートの定義を紹介しておきます。(リネット公式HPより説明文と写真を引用)

【コートの定義】

着丈が袖丈と同じもしくは長いダウンコート、キルティングコートを除く一般的なコート及びハーフコートが該当します。

以下のいずれかに当てはまるものは「コート」扱いになりませんのでご注意ください。
-ニット編みのロングコート
ニットコート」に該当します。
-中綿にダウン/フェザーが使用されているもの
ダウンコート」に該当します。
-中綿に綿やポリエステルが使用されているもの
キルティングコート」に該当します。

※マッキントッシュに代表されるゴム引きコートは申し訳ございませんがリネットでは取り扱いを控えさせていただいております。

 

リネット公式HPより引用

コート写真

 

他のお店だと定義が変わる可能性が高いので、必ず事前に確認してください!

 

②コート丈とジャケット丈の違いってなに?

ジャケットとコートの違いも分からなくなる時があるので、リネット公式HPより参考までに紹介しておきます。

 

袖より着丈が長いものはニットコート・ダウンコート・キルトコートとして分類します。

袖より着丈が短いものはニットジャケット・ダウンジャケット・キルトジャケットとして分類します。

リネット公式HPより引用

ジャケット丈 コート丈

 

ジャケットのクリーニング代については、こちらで詳しく解説しています!

 

コートのクリーニング代の最安値はココ!

一般的なコートのクリーニング代の最安値を『大手クリーニング店(チェーン店)』『宅配クリーニング』のそれぞれを解説していきます。

お店の名前をクリックすれば料金表が表示されます。

大手クリーニング店(チェーン店)
白洋舎 1,900円   
ホワイト急便 1,000円
ポニークリーニング 1,300円
うさちゃんクリーニング 1,298円
スワローチェーン 1,400円
喜久屋 1,400円
大手クリーニング店の最安値は1,000円でしたが、お店の場合、追加料金に注意が必要です。コートは追加料金が発生しやすい衣服なので、一見安く見えても案外高くなったということが多々あります。

 

宅配クリーニング(単品制)
リネット    1,330円 
ネクシー 1,700円
宅配クリーニングはシミ抜き・毛玉取り込みの金額になっています。事前に追加料金の金額も分かるので、1~2着出すならリネットがお得でオススメです。

 

宅配クリーニング(パックプラン制)※10点パックの場合
リナビス 1,070円 
せんたく便 798円
美服パック 543円
フランス屋 600円
東京クリーニング 880円
プロケア 838円
コートをクリーニングに出すなら絶対パック制です。コートを出すならここ!というサービスがあるので、後で紹介しますね♬

 

 

最安値情報

大手クリーニング店(チェーン店)であれば『ホワイト急便』

宅配クリーニングで1点1点単品で出したいなら『リネット』

宅配クリーニングでパックプランを使いたいなら『美服パック』

 

 

コートの追加料金で知っておきたい4つの注意点

ダウンコート

 

コートのクリーニングで知っておきたい4の注意点を解説していきます。

  1. 装飾品がついているか
  2. 上質(デリケート)素材が使われているか
  3. 革製品が使われているか
  4. 付属品がついているか
Kei
それぞれ詳しく説明していきますね♬

 

①装飾品がついているか

装飾品がついている場合は、追加料金がかかる可能性が高いです。

装飾品には、ビーズやスタッズ、ラメ、ビジュー、スパンコール、レース、フリル、プリーツ、ワッペン、刺繍などが当てはまります。

また、ダッフルコートなどのトグルといった留め具は、追加料金がかかりますので注意が必要です。

その他の装飾品も店舗によっては金額がかかる恐れがあるので確認しておきましょう。

 

②上質(デリケート)素材が使われているか

上質な素材(デリケート素材)になると、追加料金が発生することがあります。

不安な場合には、事前に必ずクリーニング店に確認するようにしましょう。

コートに多い素材で、ウールは上質素材に当たらないです。

 

上質素材

カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど

 

お店だと1%でも上質素材が入っていると追加料金がかかります。宅配クリーニングなら30%まではかからないことが多いです。

高価な衣類になればなるほど、デリケート素材の場合が多いです。

 

③革製品が使われているか

ベルト部分など、革素材が使われている場合は注意が必要です。

革製品がついているとクリーニングも別対応になってしまう恐れがあるため、別料金が発生します。

本革になるとさらに特殊なクリーニング対応となり、取り扱いできないクリーニング店もあります。

 

本革のクリーニングは恐ろしく高いので、ちゃんと確認しておきましょう。

 

④付属品がついているか

フードやライナーなど本体とは別の付属品には追加料金がかかることがあります。

また、ファーなどがついている場合も注意しましょう。

フェイクファーやボアだと約1,000円前後かかります。リアルファーだとものすごく高くなります。

 

注意ポイント

取り外し可能なものは、事前にとっておくことをおすすめします。

パックプランでも取り外した状態でクリーニングに出すと1点としてみなされてしまうので、パック制の時は特に気を付けましょう。

 

★リネットの追加料金について

宅配クリーニングであれば、下記のように料金が事前にわかるのでとても安心です。

また、革も約3cm四方(1cm四方未満であっても、商品全体についている場合はその合計になります)であれば200円です。

リネット 追加料金

 

 

コートのクリーニングでよくあるQ&A

 

 

その他に注意しておいたらいいことはありますか?簡単に教えてもらえますか。

そんな方に向けてよくあるQ&Aを下記にまとめてみました!

 

Q1.コートをクリーニングに出す頻度

コートを出す頻度は、1シーズン(3~4ヶ月)に1回を目安に出しましょう。

クリーニングに出した後でも、クローゼットにずっと入れておくと、カビやホコリ、虫食いで大切なコートが傷んでしまいます。

コートを着ないシーズンでも定期的にメンテナンスをしておきたいものです。そんなときに保管サービスを使ってしまえば、湿気やニオイの心配もしなくて済みます。

 

Q2.コートのクリーニング仕上がり日数はどれくらい?

通常のコートのクリーニングであれば、基本的に4~7日程度かかります。

デリケート素材や装飾品などがある場合は、+2日程度必要になる場合があります。宅配クリーニングだと運ぶ日数が必要になるので、上記日数に+2~4日ほどかかります。

 

Q3.コートのクリーニングで何のオプション加工をつけるべき?

ニオイが気になる場合は『ウェット仕上げ(汗抜き加工)』をつけましょう。

通常のドライクリーニングだと汗や雨などの水溶性の汚れを完全に落とせないですが、ウェット加工であれば、ニオイの元を除去することが出来るのでスッキリとした仕上がりになります。

そのほかにも、撥水加工をつける方も多いです。

はっ水加工をつけると、水弾きだけでなく生地に汚れが浸透しにくくなるため、意外につけておくと安心できる加工です。

オプション価格相場表

ウェット(汗抜き)加工 1,000円前後
はっ水加工 500~700円程度
花粉ガード加工 400~800円
抗菌・消臭・防臭加工 400~600円程度
手仕上げ加工(個別洗い) 1,500~2,000円前後

 

Q4.毛玉やシミ取りはクリーニング店でとってもらえますか?

毛玉やシミが気になるときは、クリーニング店で取ってもらうことが出来ます。

料金の相場として、毛玉取り・シミ抜きにそれぞれ200~400円程かかるところが多いようです。(状態によってはさらにかかることもあり)

無料で対応してくれるところもありますが、多くの店では別料金がかかるように設定されています。

料金表では一見安いように見えて、追加料金がかかると高くなるので注意が必要です。

 

Q5.コートのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は下記の5つを確認してください。

  1. ビニール袋を取って乾燥させる
  2. きちんとクリーニングされているか確認する
  3. もし問題があればすぐに連絡する(タグは外さない)
  4. シワがつかないようにハンガーを変えて収納する
  5. 防カビ・防虫に意識して保管する

コートは特に乾きにくい衣類のため、すぐにビニール袋をとって十分乾かしておきましょう。

即日仕上げや繁忙期の際に、クリーニングした後の衣類が石油くさいという相談を受けますが、これは溶剤が乾燥しきっていないことが原因で出るニオイです。日陰で風通しが良いところにしばらく干しておくと軽減します。

それでも収まらない場合は、タグは外さずに再仕上げを交渉しましょう。

 

ポイント

必ず除湿剤と防虫剤はクローゼットに設置し、定期的にクローゼットも換気するようにしてください。

 

Q6.コートのお手入れ方法を教えて?

ふだんから出来るコートの簡単なケアの方法を3ステップで説明します。

 

STEP1:脱いだらまずハンガーにかけて干す

日光が当たらない、風通しのよい場所で干しましょう。汗が乾いて、いやな臭いを防ぐことが出来ます。

木製ハンガー

STEP2:ポケットを空っぽにする

型崩れを防ぐためにポケット(外・内ポケット)の中身を空にします。

ポケットに物が入っていると重みで、シワがつくので気を付けましょう。

 

STEP3:ブラシをかける

コートについているホコリや汚れを取り除きます。

ブラシを滑らせるようにブラッシングをします。

ブラシを使うことで、汚れが取れるだけでなく毛玉もできにくくなります。

 

Q7.消臭スプレーをしておけばクリーニングする必要はないですか?

消臭(除菌)スプレーでは汚れは取れません。

消臭スプレーにはニオイ成分を分解し、除菌してくれる効果があるので多少のニオイ対策としては期待できます。

しかしながら、消臭スプレーを使っていても綺麗になっているということではありません。

過度なスプレーにより、シミや生地が傷んだり、虫がつきやすくなったりします。

外出時にニオイが気になるときにスプレーをするくらいがよいです。

 

ポイント

  • 飲食店などのニオイは、ドライヤーやスチーマーの温かい風を当てることで軽減できます。
  • 気になるシワは、入った後の蒸気たっぷりの浴室で吊るしておくとシワが伸びます。

 

コートのクリーニングでおすすめの宅配クリーニング

コートは追加料金がかかりやすい衣類で、クリーニングに出すときにストレスを感じる方がたくさんいます。

思っていた以上の金額になって、予想外の出費になってしまったという叫びが頻繁に聞こえてきます。

 

結局コートのクリーニングにいくらかかるのか分からないし、出しに行くのが不安です。。

 

そんなときこそあらかじめ金額が分かっているパック制の宅配クリーニングを上手く使うのがベストです。
Kei

下記では、私が今一番おすすめする宅配クリーニングを紹介します♬

 

コートのクリーニングなら『プロケア』

 

パック制のクリーニングの良いところは、金額が決まっていて追加料金がかからないことです。

例えば、セーターでも、コートでも、ジャケットでも一律の金額です。パック制は1点につきという計算なので、追加料金がつきません。(パック制いn超格安のサービスがありますが、仕上がり<安さを重視したいときにはピッタリです。)

 

ちなみに私が愛用しているのは、『プロケア』です。

プロケアは、宅配クリーニングのパック制の中では、少し高めのサービスです。

5点パック:8,980円

10点パック:11,980円

15点パック:16,980円

 

このままの金額であれば、プロケアを一押しにすることはありませんが、実は、、今だけ限定で初回利用30%オフのキャンペーンを行っています。

30%OFFが適用されれば、他社よりもかなり安い金額で、高品質のサービスを受けられます。(プロケアの右価格は割引前)

 

プロケア(1点当たりの金額) リナビス(1点当たりの金額)
5点パック 1,257円 (1,796) 1,550円
10点パック 838円 (1,198) 1,070円
15点パック 792円 (1,132) なし
20点パック なし 930円

 

プロケアは、宅配クリーニングの中でも比較的新しいサービスです。

老舗のリナビスと比べると認知度は劣りますが、その分丁寧に確実にクリーニングをしてもらうことが出来ます。

【プロケアの3つの特徴】

素材に合わせた洗い分け

毛玉取り、染み抜き、ボタン付け直し無料

はっ水加工、防虫・防カビ、汗抜き加工がリーズナブル

 

①素材に合わせた洗い分け

コートのクリーニングで汚れが落ちていなかったというトラブルが多いです。この原因は、コートが厚地な上に素材がデリケートなものも多いので、通常のクリーニングでは落とせないことがあるためです。

また、毛並みや風合いが変わることもあるので、まとめ洗いをする通常のクリーニングでは簡単に洗うところが多いです。そうすると当然他の物に比べて汚れ落ちも劣ります。

 

一方プロケアでは、衣類に合わせた洗い分けを徹底し、通常よりも時間をかけて丁寧に汚れを取り、入念に乾燥まで行います。

仕上げは、馬毛・豚毛の専用ブラシでブラッシングしてくれるので、他ではないふんわり仕上げになります。

カシミアなどの上質素材でやブランド品の対応も可能です。

 

パック制でここまで時間をかけてくれるところは非常に少なく、丁寧な分、紛失や破損などのトラブルも少ないです。

 

②毛玉取り、染み抜き、ボタン付け直し無料

コートは、シーズンになると出番が多く、毎日着用することも珍しくないです。

そうなってくると、毛玉やシミができやすくなります。

 

私が特に気に入っているのが、ボタン付け直しサービスです。

コートのボタンは1シーズンで、ゆる~くなってきて、いつ取れてもおかしくない状態になることもあります。

中々自分で裁縫することもできないので、クリーニングに出してボタンまで修繕してもらえるとなるとそれだけで感激です。

『プロケア』の最大の魅力は、指示シールが細かく用意されていることです。

他だと、見逃されそうなところも、こちらで細かく指示できるので、クリーニングに出しても安心できるのが嬉しいポイントです♬

 

③はっ水加工、防虫・防カビ、汗抜き加工がリーズナブル

先ほど、クリーニングのオプション相場を紹介しましたが、大体オプションをつけるとなると、約1,000円程度かかります。

各オプションがわずか500円なので、つけたいけれどもどうしようか悩んでいる方にはオススメです。

事前に金額が分かっているのも、安心できる理由の一つです!

 

\今なら30%OFF+送料無料でプロケアが使える♬/

最新のキャンペーンが適応される『プロケア公式HP』はこちらから

 

管理人からの一言

 

 

 

 

 

なぜプロケアがいいのか分かったけど、○○ビスはどうなの?パックサービスで結構人気って聞くんですが

 

たしかに、以前まで当サイトでもこのサービスを一押しにしていたことはありますが、今はプロケアをおすすめしています。

理由の一つとして、最近口コミや評判を聞くとマイナスな評判がちらほらあり、『汚れが取れていない』『台無しになった』というトラブルが多数見受けられることです。

これはあくまで私個人の意見ですが、前に比べると、職人手仕上げやブランド物対応も、オーダーが多すぎて、、、。

果たして丁寧に扱ってくれているのかな。と疑問に思うところがあったからです。

そんな理由で当サイトで自信を持って絶対大丈夫!ということが難しいと思ったので、今はプロケアを一押しにしています。

 

もちろん、すべての口コミが悪い内容ではないので、相場内の商品を出すのであれば問題ない!と思います。

 

ハイブランドのコートを出すならおすすめココ!

先ほど紹介したようなパック制の宅配クリーニングでは、モンクレールやタトラス、カナダグース、水沢ダウンなどを始めとしたハイブランドの衣類をまとめて出すことはあまりおすすめしていません。

『1点数万~数十万するような衣類』『買ったときのようなキレイな状態に近づけたい!』『絶対絶対失敗したくない!』というこだわりがある場合は、ハイブランドに特化した個別洗いの宅配クリーニングを使うことを提案します。

高級宅配クリーニングなら『キレイナ』が有名で人気です。金額は高いですが、他で断られるような衣類でも対応してもらえるので、本当に特別な衣類を出すときは、一度検討してみてください。

キレイナHP画像

キレイナの公式ページはこちらから

 

コートのクリーニング代|まとめ

冬支度コート

 

本記事は「コートのクリーニング代はいくら?相場や頻度、注意点など徹底解説!」について書きました。

一般的なコートのクリーニング代の相場は『1,300~2,000円程度』

 

コートは追加料金やオプション、シミ抜きや毛玉取りなどで料金表より高くなることが多いです。

そんなときには宅配クリーニングであれば金額が事前に分かってお得に安く利用できます!どこに出そうか迷っているなら一度試してみてください。

 

\今なら30%OFF+送料無料でプロケアが使える♬/

最新のキャンペーンが適応される『プロケア公式HP』はこちらから

 

 

 

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-種類別クリーニング

© 2020 宅配クリーニングのすすめ