クリーニング 保管

【クリーニング後の保管方法】大切な服を正しく保つための3つの方法

Kei
質問です!クリーニング後のビニール袋をつけたまま保管していませんか?

クリーニング後の保管次第で、衣服の寿命が著しく変わります。

基本的なことなのですが、正しい保管をするとしないでは状態面に大きな違いがでるのです。

今回は、私の経験に基づいてクリーニング後の衣服をきれいに保つための方法を紹介します。

クリーニング後の保管方法を紹介

簡単なことですが、必ずクリーニング後は以下の3点を心がけてください。

  • すぐにビニール袋を外す
  • プラスチックから木製のハンガーを変える
  • クローゼットに綺麗に保管する

すぐにビニール袋を外す

クリーニング後についてくるビニルカバーの役割は、一時的なものです。

役割・・「輸送中の汚れを防ぐ」「工場内や保管で汚れをつけないため」

自宅で長期保管できるように作られているわけではないので、つけたままにすると大きなデメリットがあります。

考えられるデメリット

袋の中は、通気性が悪く湿気がたまることにより、カビの原因になります。

また、クリーニング後の独特のにおいが充満するだけでなく、空気の循環が出来ていないことが原因の黄ばみ、ビニール成分の付着による変色など様々なトラブルの可能性があります。

プラスチックから木製のハンガーを変える

安いプラチックやワイヤーのハンガーを使用していると、型崩れを起こすので木製のハンガーをおすすめします。

型崩れを起こしてしまうと、シワや折り目がついてしまい服の形状にゆがみが出来ます。折角クリーニングしたのに綺麗な状態で着用することができなくなることがあります。

型崩れを抑えるのに加えて木製のハンガーの良いところは、湿気を吸い取ってくれることです。

汗や湿気を吸収する機能があるため、適切な状態で保管をすることが出来ます。

シワや型崩れしない素材のセーターやニットであれば問題はないですが、基本セーターやニットをハンガーにかけると、重力で伸びてしまうので、綺麗にたたんでクローゼットにしまうようにしましょう。

クローゼットに綺麗に保管する

衣服は紫外線や蛍光灯、日光に弱いため生地を傷めたり、変を起こしたりしてしまいます。

クリーニング後は、きちんと綺麗な状態で、クローゼットに保管しましょう。

注意ポイント

クローゼットの換気、掃除、虫食い対策は必ずしてください。

締めきったままにすると、カビが発生したり、ホコリが増えたり、虫が湧いたりします。

衣服を綺麗に大切に保管するには、綺麗なクローゼットの維持が不可欠です。

 

ビニールカバーが原因の変色や黄ばみは取れるのか

長期間ビニールカバーの中で保管された衣服についた変や黄ばみは、取れないことが多いです。

繊維の奥まで浸透してしまっている場合は、手遅れのケースが多く、最悪の場合、買い替える必要があります。

もしどうしてもカバーをしておきたい場合は、「不織布のカバー」が売っているので、そちらを利用してみてください。ただし、専用のカバーをつけても定期的に換気はしましょう。

 

衣類を長持ちさせる2つの秘訣

正しいお手入れや保管をすれば、衣服は長持ちし、結果的には節約にもつながります。

クリーニング後の衣服だけでなく、自宅で洗濯した服も長持ちしてほしいものです。下記の2点を心がけることで、さらに衣服の寿命が長くなります。

①服を休ませてあげること

靴も同じですが、お気に入りの服やスーツなどは自然と出番が多くなります。他の服とバランスよくローテーションさせることで、服がくたくたになりにくくなります。

着る回数が増えると、その分クリーニングに出す頻度や洗濯の回数、乾燥機の使用も多くなります。当然のことですが、服も休みを与えるように注意してみてください。

スーツを例に挙げると、スーツは基本的に1日着たら2~3日は休ませなければいけません。休ませることで生地の状態が回復したり、ダメージの蓄積を防ぐことが出来ます。

『大事な衣服ほど休ませる』という意識が重要になってきます。

 

スーツのお手入れ方法は下記記事でまとめています。よければご覧ください。

【スーツのお手入れ方法】ビジネスマン必見の方法を紹介します!

Kei仕事柄毎日スーツを着ており、身だしなみには人一倍気を付けています。身だしなみ次第で、商談が決まるかどうかといっても過言ではありません。 今回はスーツ職人から学んだスーツのお手入れ方法をご紹介しま ...

続きを見る

②クローゼットの環境を整える

衣類の保管で最も重要なことは、クローゼットを整理し、適切な環境を作ることです。

服がギュウギュウになっていると、湿気がたまり「カビ」の原因になりますさらには、汗やほこりが原因で虫が出てきたり、変色するなどのトラブルも発生する場合もあります。

折角綺麗にした服にいつの間にか、シミがついていたり、シワが出来ていたりと悩みは沢山あります。

定期的にクローゼットの換気を行い、年に数回はクローゼットの中身を全て出してホコリやごみを取るようにしましょう。

 

クローゼットでの保管が難しいと感じたら保管クリーニングを利用してみる

きっちり保管するのってものすごく面倒に感じます‥。クローゼットを整理するのも量が多くてできません。
そんなときは、いっそのこと宅配クリーニングの保管サービスを利用すれば解決できます!
Kei

保管サービスを利用すると、衣替えシーズンや量の多い衣類の保管で悩む必要がなくなります。クリーニングの工場で適切な環境で保管してもらえるので安心して預けることが出来ます。

もしクローゼットでの保管に悩みがある方は、私がおすすめしている『リナビス』を利用してみてください。

無料で12ヵ月間保管してもらえて、取りに行く手間もいらないのであなた想像しているよりも便利です。

『リナビス』公式

 

まとめ【クリーニング後の保管状況が衣類の寿命に大きく関わる】

 

クリーニング後の保管方法で、衣類の寿命が大きく変わります。

基礎的なことですが、以下の3つを心がけることで大切な服が長持ちします。

  • すぐにビニール袋を外す
  • プラスチックから木製のハンガーを変える
  • クローゼットに綺麗に保管する

わずかなことですが、積み重ねることで、衣類のダメージを少なくなり、結果として長持ちし節約にもつながります。

Kei
これを機に保管方法を変えてみてください!

 

続いてクリーニング代の節約に興味がある方は、是非下記の記事を読んでみてください♬

3万円
【クリーニング代の節約】スマホで簡単!年間3万円のマル秘節約術を紹介!

クリーニング代を節約したいのですが、何かいい方法はないですか? このページに来てくれた方限定に、節約する秘訣をお教えします!ぜひ試してみてください!Kei なんとかクリーニング代を節約したい!と思って ...

続きを見る

第1位:リコーベ

リコーベは1周年ながら、宅配クリーニングの中で一番安心のサービスです。職人一人あたり10名分のみの受入れなので、対応がどこよりも丁寧で親切!

注文~配達までの流れが簡単で、10点パックなら1着当たり950円(今だけ2,500円分のクーポン配布中!)

『大切な衣類を丁寧に扱ってほしい。でもリーズナブルにサービスを受けたい!』そんな方におすすめのサービスです。

本当に便利でわざわざ家から出る必要がないので、ゆっくり家族といる時間が増えました (*゚▽゚)ノ

配送エリアは全国。佐川急便での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

第2位:プロケア

プロケアはパック制の宅配クリーニングで高品質かつコスパのいいサービスです。

通常だと少し高めの料金設定ですが、初回30%OFFのクーポンを使うと格安に!

10点コースだと1着あたり838円で高品質のサービスを受けることが出来ます。

集荷・配達は安心のヤマト運輸。『パック制クリーニングに興味があるけれど、安く+高品質なサービスを受けい 』という方に安心のサービスです♬

第3位:リナビス

リナビスはパック制宅配クリーニングで最も有名なサービスです。熟練の職人がクリーニングしてくれるとテレビなどでも紹介されています。

『王道の宅配クリーニングサービスを受けてみたいo(^o^)o』という方向けです♬

ヤマト運輸での配送なので、好きな日時に受け取ることができます。

プランもたくさんあるので、あなたにぴったりのサービスに出会えるはずです♬

-クリーニング 保管

© 2020 宅配クリーニングのすすめ