種類別クリーニング

【クリーニング代の相場】料金や頻度が一目でわかる!衣類別に徹底解説

クリーニング代って、だいたいどれくらいですか?
HPがなくて、まったくわからない!などの不便が多いと思います。今回は、相場について解説していきます。

最新の情報をもとに、更新していますが、お店や時期で異なることがあります。クリーニングを依頼する際は、目安として参考にしていただけると幸いです。

クリーニング代の相場を徹底分析

クリーニング代金と目安の頻度を、把握しやすいように一覧表にしました。

※アイテム名をタップすると詳細にジャンプできます(^^♪

アイテム 料金相場 頻度
スーツ 1,100~1,500円程度 1シーズンに1回
コート 1,300~2,000円程度 1シーズンに1回
ベスト 500~650円程度 1シーズンに1回
ジャケット 600~1,100円程度 1シーズンに1回
スカート 500~660円程度 1~2ヶ月に1回
スラックス(パンツ) 450~650円程度 1シーズンに1回
ジャンパー 600~900円程度 1シーズンに1回
Tシャツ 400~600円程度 1~2回着用したら
フリース 500~700円程度 2~3週間に1回
パーカー 400~650円程度 4~6回着用したら
ポロシャツ 400~600円程度 1回着用したら都度
シャツ 350~600円程度 1~2回着用したら
ワイシャツ 140~300円程度 1回着用したら
カーディガン 350~600円程度 1ヶ月に1回
パーティードレス 2,500~4,000円程度 1回着用したら
ワンピース 700~1,100円程度 2~3回着用したら
ブラウス 350~750円程度 1ヶ月に1回
セーター 450~600円程度 1ヶ月に1回
ダウン 1,400~2,600円 1シーズンに1回
スカーフ 450~800円程度 1シーズンに1回
手袋 450~700円程度 1シーズンに1回
マフラー 380~700円程度 1シーズンに1回
礼服 1,700~2,300円程 毎回クリーニング
ネクタイ 350~500円程度 1シーズンに1回
白衣 600~900円程度 2~3日に1回(理想毎回)
制服 900~1,400円程度 3~4ヶ月に1回

 

クリーニング料金の相場や頻度

それぞれ詳しく解説していきます。

スーツ(上下):ジャケット+パンツのクリーニング

クリーニング代金=1,100~1,500円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:3~5日程度

チェーン店だと一式で1,500円前後になります。

高級オーダースーツなどで、個人店や高級クリーニング店に出す場合には、約2,000~4,000円ぐらいします。

クリーニングをしすぎるとテカテカになる恐れがありますので、できるだけ普段のお手入れを欠かさないようにしましょう。

もっと詳しく

 

コートのクリーニング

クリーニング代金=1,300~2,000円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:4~7日程度

コートは着用回数が多く、ほこりや汗がつくため、衣替えの際はクリーニングをしましょう。

消臭スプレーでニオイを消すのは一時的なものなので、クリーニングはした方がよいです。

価格が高いですが、宅配クリーニングでまとめて依頼すると、比較的安くなります。

もっと詳しく

 

ベストのクリーニング

クリーニング代金=500~650円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:2~4日程度

スーツのジャケットの下に着用するベストの相場です。

ダウンベストは、金額が大きく変わるので、事前に確認しましょう。

ベスト単体で何度もクリーニングすると、色合いが変わることもありますので、スーツ上下一緒に出したほうが良いです。

  • ベストのクリーニング料金:500~650円程度
  • キルティングベストのクリーニング料金:1,100~2,000円程度
  • ダウンベストのクリーニング料金:1,300~2,200円程度

もっと詳しく

 

ジャケットのクリーニング

クリーニング代金=600~1,100円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:2~5日程度

日頃からお手入れできていれば、頻度は少し長くてもOKです。

スーツなどセットの場合は、一緒に出しておくと変色や色褪せしてもあまり目立ちません。

汗やホコリが付いているため、定期的に日陰で干すと、カビやシミができにくくなります。

もっと詳しく

 

スカートのクリーニング

クリーニング代金=500~660円程度

頻度:1~2ヶ月に1回程度

仕上がり:2~4日程度

装飾品や特殊加工がある場合には、クリーニングに出す方が安心です。(プリーツ加工は対応できる店が少ないので注意)

デリケートな素材が多いので、安易に洗濯してしまわないよう十分チェックしましょう。

礼服用のスカートは金額が変わります。(別途解説中)

もっと詳しく

 

スラックス(パンツ)のクリーニング

クリーニング代金=450~650円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:2~3日間

スーツやジャケット、ブレザーなどと一緒に着用する折り目のついた衣類をスラックスと呼ぶことが多いです。

最近はウォッシャブルな衣類も多いですが、通常のスラックスであればクリーニングに出した方が無難です。

ワッペンや刺繍が入っている場合には追加料金がかかる可能性が高いので事前にチェックしましょう。

もっと詳しく

 

ジャンパーのクリーニング

クリーニング代金=600~900円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:5~7日間

注意が必要なのが、外国製かどうかについてです。

ブランド物のように、海外製だと取り扱いをしてもらえない可能性があります。

洗濯表示タグが英語など外国語表記であれば事前に確認をしておく方が良いです。

もっと詳しく

 

Tシャツのクリーニング

クリーニング代金=400~600円程度

頻度:1,2回着用したら

仕上がり:2~3日間

普段着のTシャツであれば、出す必要はないですが、ブランドや装飾品、ワッペンがあって洗濯が不安な場合は利用しましょう。

プリントTシャツで、はがれやすい素材だと判断されると取扱不可で断られるので、事前にチェックしましょう。

もっと詳しく

 

フリースのクリーニング

クリーニング代金=500~700円程度

頻度:2~3週間に1回

仕上がり:約3日程度

店舗の料金表で見かけませんが、フリースもクリーニング可能です。

フリースは、ポリエステル素材のものが多く、自宅で洗濯できるものが多いため、料金表に載っていないことがほとんどです。

クリーニング店では、毛玉やほつれ直しをしてくれるオプションがあるので、困ったときはおすすめです。

もっと詳しく

 

パーカーのクリーニング

クリーニング代金=400~650円程度

頻度:4~6回着用したら

仕上がり:3~5日間

普段使いであれば、自宅で洗濯できますが、ブランド品や海外製のパーカーはクリーニングに出した方がよいでしょう。

デリケート素材の場合は、追加料金がかかることがあります。

もっと詳しく

 

ポロシャツのクリーニング

クリーニング代金=400~600円程度

頻度:1回着用したら都度

仕上がり:3~5日間

ポロシャツは洗濯すると、襟や袖の部分がよれてきます。

そのようなときにクリーニングに出すと綺麗な状態を長く保つことができます。(ワッペンや刺しゅうへの対応・ヨレ改善)

Yシャツと比べて、ポロシャツは、1点1点丁寧に仕上げる必要があるため、比較的に金額が上がります。

もっと詳しく

 

シャツのクリーニング

クリーニング代金=350~600円程度

頻度:1~2回着用したら

仕上がり:3~5日間

高価なシャツの場合、上質素材や特別なボタンになっている場合が多いため、クリーニングに出す方が安心です。

クリーニング店でも、安さ優先だと品質が悪く、ボタンが欠けるといったトラブルが起きやすいので、相場よりも安いお店は利用しない方がよいです。

もっと詳しく

 

ワイシャツのクリーニング

クリーニング代金=140~300円程度

頻度:1回着用したら

仕上がり:3~5日間

Yシャツは、利用客を引き寄せる目玉商品である場合が多く、安めの料金で提供しているところが多いです。

ついでに『他のクリーニング品もお願いしようかな』と思わせることが狙いなので、事前に確認しておく方が安心です。

ウォッシャブルのYシャツも多いので、両立すると年間のクリーニング費が安くできます。

もっと詳しく

 

カーディガンのクリーニング

クリーニング代金=350~600円程度

頻度:1ヶ月に1回

仕上がり:3~5日間

ウールやカシミヤをはじめとした上質素材の場合は、縮むなどの心配があるため、クリーニングに出す方が無難です。

お気に入りだと着用頻度も増え、毛玉ができやすくなります。

毛玉取りは、オプション加工であるため、綺麗に取ってもらうことができます!

もっと詳しく

 

パーティードレスのクリーニング

クリーニング代金=2,500~4,000円程度

頻度:1回着用したら

仕上がり:3~5日間

ついつい、そのままにしがちのアイテムです。

クローゼットに入れておくと、汗のカビや色褪せなどたくさんのリスクがあります。

少し高いですが、着用したら毎回クリーニングに出すようにしましょう。

ポリエステルやアクリルなどの場合には、自宅での洗濯も可能ですが、装飾品が多い場合には、手洗いをするなど丁寧に洗濯をしましょう。

もっと詳しく

 

ワンピースのクリーニング

クリーニング代金=700~1,100円程度

頻度:2~3回着用したら

仕上がり:3~5日間

ワンピースは、袖や丈の長さによって金額が変わります。

またプリーツ加工やレースなど、クリーニングのオプションで追加料金が発生することもあります。

特殊加工が多いワンピースは、クリーニングの日数が長くなります。

もっと詳しく

 

ブラウスのクリーニング

クリーニング代金=350~750円程度

頻度:1ヶ月に1回(着用回数多ければ1週間に1回)

仕上がり:3~5日間

手持ちのブラウスをすべてクリーニングに出す必要はありません。

『デリケート素材』『お気に入り』『洗濯表示で水洗い不可』に限ってクリーニングに出すと良いです。

もっと詳しく

 

セーターのクリーニング

クリーニング代金=450~600円程度

頻度:1ヶ月に1回

仕上がり:3~5日間

シルクを代表する上質素材の場合、クリーニングしておくと縮む心配がなくなります。

クリーニングに出しておくとさっぱりとした仕上がりになります。

もっと詳しく

 

ダウン系のクリーニング

クリーニング代金=1,400~2,600円

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:3~5日間

  • ダウンコート=2,060~3,700円
  • ダウンジャケット=1,700~2,800円
  • ダウンベスト=1,400~2,400円

ダウン系のクリーニングは安さ重視にしたいところですが、風合いや手ざわりが変わってしまう恐れがあります。

クリーニングの溶剤が乾いておらず、石油くさいといったトラブルが一番起きやすい衣類です。

もっと詳しく

ダウン系の記事は現在作成中です(汗)

 

スカーフのクリーニング

クリーニング代金=450~800円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:3~5日間

スカーフは、シルクかポリエステルの場合が多いです。

ポリエステルだと洗濯も簡単ですが、上質素材になると難しく、クリーニングに出した方が無難です。

上記の代金は、ポリエステルなどの素材の場合に多く、上質素材だともう少し料金は上がります。

もっと詳しく

 

手袋のクリーニング

クリーニング代金=450~700円程度

頻度:1シーズン終わりに1回

仕上がり:3~5日間

一般的なニットやウール素材であれば、上記の金額内でいけることが多いです。

それ以外の素材(特に革製品や毛皮)は金額・納期が大幅に変わるので注意が必要です!

  • 皮革手袋(ムートンやスエードなどの起毛素材も含む):約2,000円~4,000円
  • 毛皮手袋:約6,000円~(毛皮の種類によっても大幅に金額は変わります。)
  • スキー用手袋:約800~1,500円

もっと詳しく

 

マフラーのクリーニング

クリーニング代金=380~700円程度

頻度:1シーズン終わりに1回

仕上がり:3~5日間

化粧品やホコリなど、目に見えない汚れが付いていることが多いです。

クローゼットにしまう前で問題ないので、シーズン終わりに綺麗にしておくとよいです。

もっと詳しく

 

礼服のクリーニング

クリーニング代金=1,700~2,300円程

頻度:毎回クリーニング

仕上がり:3~5日間

通常のスーツやスカートとは素材が異なり、若干金額が高くなることが多いです。

基本数回しか着ないものですが、汚れを放置してしまうと、色褪せや汗ジミなどになる場合があります。

冠婚葬祭は、予期しないタイミングで起こるものですので、定期的に衣類をチェックしておくことを勧めます。

もっと詳しく

 

ネクタイのクリーニング

クリーニング代金=350~500円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:3~5日間

忘れがちなのが、ネクタイのクリーニングです。

春・夏にネクタイを着用していると、首元のところに汗が染み込んでニオイや色褪せなどの原因になることもあります。

お気に入りのものだけでも、定期的に綺麗にしておくとよいでしょう。

もっと詳しく

 

白衣のクリーニング

クリーニング代金=600~900円程度

頻度:2~3日に1回(理想毎回)

仕上がり:3~5日間

白衣もクリーニングに出すことが可能です。(サイズによって料金変わる)

病院などで使われている白衣は、感染症等のリスクを避けるために断るクリーニング店もあります。

もっと詳しく

 

制服のクリーニング

クリーニング代金=900~1,400円程度

頻度:1シーズン(3~4ヶ月)に1回

仕上がり:3~5日間

制服のクリーニングを利用される方は非常に多いです。

ボタンやワッペン、刺繍など特殊なものも多く、取り扱いが難しい場合があります。

また、毎日着用するもので、ホコリや雨、チリなどたくさんの汚れがついています。

もっと詳しく

 

意外と知らないオプション費用について知っトク

クリーニング店に入って、オプション費用を見ることもあまりないかと思います。

店舗やアイテムの種類によって金額は変わりますが、目安として紹介しています。

オプション加工 相場
手仕上げ加工(上質仕上げ) 衣類クリーニングの50~70%
汗抜き加工/ウェットクリーニング 1,000~2,000円前後
シミ抜き 200円~(店舗やシミの状態による)
はっ水加工 500円~1,000円前後
折り目加工 400~1,000円前後
花粉防止加工 300~1,000円前後
防虫・防ダニ加工 500~1,000円前後
毛玉取り 200円~(店舗や程度による)
ボタン付け直し 100~300円(コート等は1,000円程の場合有)
ほつれ直し 500~2,000円前後

オプション対応していない店舗も多々ありますので、事前にHPや電話でチェックしておくと安心です♬

ドライクリーニング:蒸気や揮発性溶剤で汚れを落とす『油系の汚れは落ちるが、汗などの水溶系の汚れは落ちにくい』

ウェットクリーニング:水を使った方法(自宅で洗濯をするイメージ)『汗・尿・血液など、水溶性の汚れを除去できる』

 

クリーニング代は工夫次第で費用を抑えられる

クリーニング代は、どこも同じだと思っている方が多いですが、実はそうではないです。

ちゃんと用途に合わせて利用すれば、かなりの節約ができるのも事実!

ぜひクリーニングの相場をきちんと把握して、損のないように利用してみてください♬

 

とっておきの節約術をまとめた記事はこちら!

↓↓↓↓↓

3万円
【簡単】年3万も節約できたクリーニング術【スマホで可能】

『クリーニング代を節約したい…。』 『めんどうな作業を避けたい…。』 クリーニングをするときにストレスを感じている方はとっても多いです。   クリーニング代をわずかにでも節約できれば、他にで ...

続きを見る

 

-種類別クリーニング